MENU
カテゴリー

ダイヤのA 251話ネタバレ最新話確定!栄純のラストピッチング!市高逆転なるか?

2021年4月28日(水)に発売の週刊少年マガジン「ダイヤのA act.Ⅱ」251話ネタバレ最新確定情報をお届します!

前回は、御幸が逆転の一打を放ちましたね!

キャプテンらしい一打に沸き立つ周囲。

これまで好投を続けてくれた栄純のための一打でもあったような気がします。

漫画「ダイヤのA act.Ⅱ」251話は、どんな展開をしていくのでしょうか?

さっそくネタバレ最新確定情報を、感想と共にお届けしていきたいと思います!(^▽^)/

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

←前回今回次回→
251話252話
目次
スポンサーリンク

ダイヤのA 251話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「ダイヤのA act.Ⅱ」251話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、お届けしていきます!

市高の最終表から再開

花園の打った球は弧を描き、市高守備のグローブの中に落ちました。

センター宮川のダイビングキャッチ。

天久を助けるスリーアウトチェンジに球場は沸き立ちます。

青道が1点リードした状態で、9回表に突入しました。

栄純を呼び止めた片岡監督の意志

守備に入る前に、栄純は監督に呼び止められます。

栄純のピッチングはあと1回ですが、ここで栄純は過去のことを思い出しました。

脳裏に浮かぶのは春の甲子園での薬師戦。

栄純は最終で降谷とピッチャーを交代させられた苦い過去があります。

恐る恐る監督の前に出た栄純ですが、片岡監督から出た言葉は「最後まで任せるぞ」の一言。

青道のエースは栄純

現在の栄純の球数は102球。

片岡監督は、この逆転を呼び込んだのは栄純のピッチングがあってこそだと言います。

だからこそ、このラストはエースである栄純が決めるべき。

監督の発言に栄純は唖然とします――が、すぐに気を取り直して元気よく叫び始めるのでした。

栄純の青道魂

栄純は自分がラストで降谷と代えられてしまうのではないかと思っていました。

そんな栄純に、監督はそんなに信用がないかと困り顔。

言葉が足りないだけですと叫ぶ栄純に、周りの仲間はみんな笑顔でしたね。

しかしこれで、栄純の青道魂に火が付きます。

行ってきます、ボス!と叫んだ栄純が、この試合で一番彼らしかったかもしれません。

市高の本気

逆転された市高ですが、天久は一人ベンチで俯きます。

しかしそんな彼を支えるように、燃え上がるのは市高打線。

栄純はそんな光景を見つめながら、油断はできないと神妙な顔をします。

市高の誰もが決意と覚悟に満ちあふれ、臆することなく打線に立ってくるのでした。

監督の方針と御幸

9回表は2番から始まる好打線です。

試合が始まる前、監督は御幸に1点を守りに行くなと伝えました。

青道には降谷もいるし、裏の攻撃もある。

同点までなら問題ないと語る監督の表情は強ばっていましたが、御幸も概ね同じ方針でした。

御幸は栄純に、これまで通りの攻めの投球を望みます。

天久の責任と想い

天久はベンチで、自分のことをカッコ悪いと責め立てていました。

しかし現在頑張っているのは、いつも自分の後ろを守ってくれる仲間たちです。

天久はベンチから出て、大声で打線に立つ仲間を応援しました。

くそダセェと思いながらも、口からその声量と言葉は止まらなかったのです。

ここから市高の反撃が始まるというところで、漫画「ダイヤのA act.Ⅱ」251話は幕を閉じました。

スポンサーリンク

ダイヤのA 251話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

ようやくエースとして認められた栄純に関する声が多かったですね!

確かにここまで長い時間がかかりました。

エースナンバーを背負い、試合の中で誰もが認めるエースになった沢村栄純です。

監督からラストを任された彼の表情が、長年の読者の涙を誘いましたね。

スポンサーリンク

ダイヤのA 251話ネタバレ最新話確定まとめ

今回は、漫画「ダイヤのA act.Ⅱ」251話のネタバレ最新確定情報を、感想とともに紹介しました!

「ダイヤのA act.Ⅱ」251話では、ラスト9回表のマウンドに栄純が立ちました!

しかし油断はできません。

クールな天久の声援に何も思わない市高メンバーではないでしょうし、ここからの大逆転劇なんて展開も予想されます。

それとも栄純が、エースとしてきっちりラストを絞めてくるのでしょうか?

次回の展開が気になります!

以上、漫画「ダイヤのA act.Ⅱ」251話のネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


18 − twelve =

目次
閉じる