MENU
カテゴリー

呪術廻戦139話ネタバレ最新話確定!虎杖と脹相VS直哉に乙骨参戦でカオス

2021年2月22日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」139話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回は、ついに禪院直毘人の死亡が確定し、次期当主候補である禪院直哉が虎杖と伏黒の抹殺を宣言しましたね!

直毘人の遺言によりこのままでは当主になれないと知った直哉は、伏黒恵を殺して当主になることを決意します。

また、九十九は偽夏油(加茂憲倫)が逃げる際、虎杖たちにとって不利益になる行動をしたことも判明。

その内容は明かされませんでしたが、自ら「味方ではない」と言っていたので、九十九由基は警戒しておいたほうがよさそうですね。

肝心の虎杖は脹相と協力し、東京に放たれた呪霊を狩ることに。

乙骨憂太と禪院直哉が虎杖の命を狙う中、これからどうなってしまうのでしょうか?

そんな呪術廻戦139話のネタバレ最新確定情報を、さっそく考察予想と共にお届けしていきましょう!(^▽^)/

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

←前回今回次回→
138話139話140話
目次
スポンサーリンク

呪術廻戦139話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」139話のネタバレ最新確定情報が入りましたので、さっそくお届けしていきたいと思います!

虎杖は脹相と協力して呪霊狩り

川の近くで手を叩き続ける虎杖。

すると川の中から巨大が呪霊2体が出現し、虎杖はこの時を待っていたかのように走り出します。

走っている途中、上空から2体、地下から1体の呪霊が現れ、虎杖を追いかける呪霊は5体に増加。

しかし、虎杖は顔色一つ変えることなく呪霊から逃げ続け、そのまま地下へ呪霊たちを誘導します。

その先に待っていたのは脹相で、虎杖の呼びかけに答えるかのように穿血で4体もの呪霊を討伐。

1匹だけ穿血を逃れますが、虎杖が攻撃に回り、たった一発の痛打で呪霊を仕留めたのです。

虎杖の父親は偽夏油・加茂憲倫か

虎杖の戦う姿を見て驚く脹相。

それもそのはず、脹相と戦った時はパワフルな印象でしたが、今は繊細さと安定した呪力操作が身に付き、桁外れの強靭な肉体へと変化を遂げていたのです。

その姿はまさに鬼神のごとく。

しかし、これでも全快ではないというのですから、まだまだ虎杖には強くなる可能性が秘められているのです。

そんな虎杖に対し、「さすがは俺の弟だ」と誇らしげな脹相。

虎杖は「まだ言ってるよ…」とあきれ気味ですが、脹相は「お前の父の額にも縫い目があったはずだ」と迫ります。

脹相は、虎杖が弟であるという確信に対してそういう結論を抱いているようでした。

現に、偽夏油こと加茂憲倫は、虎杖の屈強な肉体に対して『我ながら流石』というコメントを残していました。

禪院直哉が虎杖を発見!

その時、虎杖と伏黒を追っていた禪院直哉が登場。

直哉はあたりを見回し、伏黒がまだ到着していないことに疑問を抱いています。

さらに、高専から追われているはずの虎杖が、逃げも隠れもせず堂々としていることに驚く直哉。

虎杖は直哉から「逃げる気ないの?」と問われても、何のことだかいまいちピンと来ていない様子です。

それもそのはず、九十九たちと別れてから虎杖には情報が入ってきておらず、自分が死刑執行となったことを知らないのです。

そんな虎杖に対し、「五条の後ろ盾がなくなって死刑執行だよ」と告げる直哉。

虎杖は以前猪野が言っていた「五条さんが融通を利かせていたおかげで救われた術師はたくさんいる」という言葉を思い出し、自分も五条の後ろ盾によって生かされていたのだと気付きました。

しかし、直哉の狙いはあくまで伏黒。

虎杖の生死に興味はありませんが、伏黒を殺す際に動き回られても面倒なため、直哉は虎杖の足でも追って動きを封じる作戦のようです。

そもそもなぜ伏黒なのかと問いかける虎杖。

「伏黒には死んでもらう」

「死ぬ前に一筆書いてもらえると助かるんだけど」

その答えに虎杖は怒りを覚えますが、次の瞬間、直哉は虎杖と脹相の間に移動したのです。

虎杖&脹相vs禪院直哉

直哉の速さに驚きつつ、攻撃に回る虎杖と脹相。

しかし直哉は虎杖に一撃を加え、その直後に飛んできた脹相の拳を回避。

その後も虎杖と脹相の攻撃は避け続けられ、気づいたときには直哉は離れた位置に移動していたのです。

直哉の速さを認めながらも、何か違和感を覚える虎杖。

脹相はその速さが術式によるものだと気づきましたが、どういう原理なのかまではわかっていません。

一方直哉は、自分の想像より虎杖が強かったことに驚いた様子。

宿儺の器である虎杖が強いことはわかりますが、事前情報のない脹相を警戒し、もう少し速度を上げて戦ってみることに。

ついに虎杖悠仁と乙骨憂太が遭遇!

それぞれが身構えた瞬間、あたりにぬるっとした不気味な空気が漂いだしたのです。

「五条先生!?」かと思った虎杖ですが、その空気は五条の放つものよりもっと禍々しく…。

すぐさま気配がする方向を見上げると、そこには乙骨憂太の姿があったのです!

虎杖が一人ではないことに驚く乙骨ですが、ここからどうなってしまうのでしょうか?

以上が139話の内容となっています。

スポンサーリンク

呪術廻戦139話ネタバレ最新話考察予想

前話139話では、禪院直哉が虎杖悠仁と伏黒恵の抹殺を宣言する中、肝心の虎杖は東京で呪霊狩りをしていました。

これまでの経緯から高専に戻れないと判断した虎杖は、脹相と協力して、一体でも多くの呪霊を祓おうと奮闘。

そんな虎杖を狙うのは、一級呪術師である乙骨憂太と、特別一級呪術師の禪院直哉です。

虎杖はこのまま殺されてしまうのでしょうか?

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

呪胎九相図の残りの名前が判明?

焼相たちの亡骸を回収したいと語った脹相。

これにより、呪胎九相図の残りの名前がほぼ確定しました。

呪胎九相図はその名の通り、死体が朽ちていく様子を描いた九相図がモデル。

焼相がいるということは、呪胎九相図の兄弟の名前は以下のようになると予想されます。

  1. 脹相
  2. 壊相
  3. 血塗
  4. 膿爛
  5. 青瘀
  6. 噉相
  7. 散相
  8. 骨相
  9. 焼相

ほかの呪胎九相図は高専に保管されているので、残りの6体が登場するのが楽しみですね!

伏黒恵が虎杖悠仁を保護?

直哉のお付きの人に話によると、伏黒恵は虎杖悠仁を捜索しているとのこと。

つまり、すでに回復済みということがわかります。

しかし、なぜ伏黒は虎杖を捜索しているのでしょうか?

総督部からの通達を受け、虎杖の死刑を執行させるため?

それとも虎杖が殺されないようにかくまうため?

伏黒の独断で動いていた場合は虎杖を匿うためという可能性もありますが、お付きの人が知っていたこと、「任務」と言っていたことから、やはり上からの命令で動いているようです。

ただ伏黒が虎杖の死刑に納得するとは思えないので、虎杖保護に向けて乙骨と結託する展開を期待しましょう。

虎杖が食らった黒閃はいつのもの?

黒閃を食らったところ以外は大丈夫だと語る虎杖。

その黒閃はいつ、だれが放ったものなのでしょうか?

渋谷事変において虎杖が黒閃を食らったのは、真人が放ったものだけ。

その後新田新の術式で、それまでに受けた傷は出血も止まり、痛みも和らいだはず。

にもかかわらず、黒閃を食らった部分が痛むということは、その傷は真人の黒閃によるものではないと考えられます。

偽夏油(加茂憲倫)が逃げる際に九十九が何かしたようなので、それと関係があるのか気になりますね。

禪院直哉vs伏黒恵?

虎杖悠仁と伏黒恵をまとめて始末すると宣言した禪院直哉。

しかし、伏黒恵に危険が迫ると、黙っていない人物がいますよね。

そう、宿儺です。

八握剣異戒神将魔虚羅を召還した際、宿儺は裏梅をほっぽりだし伏黒のもとへ駆けつけました。

普段宿儺は虎杖にコントロールされていますが、宿儺の指の力が強くなっている今、宿儺が強制的に虎杖の体を乗っ取る可能性も…。

虎杖は宿儺と伏黒を会わせまいとしていますが、今までのように宿儺をコントロールできるとは思えません。

顔がいいだけに、直哉がこのまま咬ませ犬のような扱いにならないことを祈ります。

禪院真希も死亡か?

直哉のお付きの人曰く、直毘人だけでなく真希も死にかけているとのこと。

同じ漏瑚の攻撃を受けた直毘人は結局死亡し、一級呪術師の七海ですらかなりのダメージを負っていました。

呪術師は呪力で体を覆うことができますが、呪力を持たない真希は呪力による防御力アップは不可能。

いくら天与呪縛によって肉体が強化されているといっても、助かる可能性は低そう…。

芥見下々先生は、「面白くなるならキャラクターを殺しても構わない」という考えの持ち主なので、もしかしたら真希のことも殺すつもりなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

呪術廻戦139話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、呪術廻戦139話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

呪術廻戦138話では、ついに禪院直毘人の死亡が確定し、遺言の内容が明かされました。

順当にいけば直哉が当主になる予定でしたが、五条悟が封印された今、伏黒甚爾との契約が履行され、伏黒恵が当主になる可能性が…。

これに激怒した直哉は虎杖悠仁もろとも伏黒恵を殺すと宣言。

また、味方だと思われた九十九は、偽夏油(加茂憲倫)が逃走する際、何らかのアクションを起こしていた様子。

そのお詫びとしてほかの生徒は責任をもって送り届け、自分はそろそろ天元と向き合わなければと語ります。

一方、自分が犯した罪の重さを受け止め、高専に戻ることはできないと語る虎杖。

脹相とともに東京に放たれた呪霊を狩るつもりのようですが、乙骨憂太と禪院直哉から逃げることはできるのでしょうか?

次回はどんな展開が待っているのか楽しみですね!

以上、漫画「呪術廻戦」139話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


19 − 12 =

目次
閉じる