MENU
カテゴリー

呪術廻戦140話ネタバレ最新話確定!乙骨vs虎杖開戦!脹相は直哉に挑む!

2021年3月1日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」140話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回は、虎杖と脹相が呪霊狩りをしているところに、禪院直哉が到着しました。

虎杖は直哉から死刑執行を知らされますが、そもそもなぜ直哉が伏黒を追っているのか、直哉と伏黒の関係が理解できない様子。

しかし、その理由が禪院家に関係あると知り、虎杖&脹相は直哉と戦うことに。

その時、あたりに不穏な空気が漂い、ついに乙骨憂太も登場!

このまま虎杖と乙骨の戦いが始まってしまうのか、また、直哉が言うようにまだ伏黒が到着しない理由も気になりますね。

そんな呪術廻戦140話のネタバレ最新確定情報を、さっそく考察予想と共にお届けしていきましょう!(^▽^)/

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

←前回今回次回→
139話140話141話
目次
スポンサーリンク

呪術廻戦140話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」140話のネタバレ最新確定情報が入りましたので、さっそくお届けしていきたいと思います!

禪院直哉が乙骨憂太に交渉を持ち掛ける

突然現れた乙骨憂太に混乱する虎杖悠仁。

脹相は、相手がだれであろうと、目的は「虎杖を殺す」ことだろうと予想。

その時、乙骨憂太が地上へ降りましたが、その衝撃で地面は割れ、建物は吹き飛んでしまいました。

「誰が虎杖君の何?」

この一言で、乙骨が虎杖の死刑執行人だと気づいた脹相。

一方、静観していた直哉は乙骨に対し、自分は乙骨の味方であること、真希のいとこであること、乙骨と同じく虎杖を殺すためにここへ来たことを伝えます。

さらに、虎杖をエサにつりたい人がいるから、虎杖を殺しても上へ黙っていてほしいとも…。

先ほど伏黒恵の殺害を仄めかした直哉は、虎杖が余計なことをいって乙骨の逆鱗に触れないかと気が気ではない様子です。

脹相が兄として虎杖を守る

その間、脹相と虎杖はこれからのことを相談。

脹相は先ほどの戦いで、禪院直哉は術式によるスピード強化タイプだと判断。

そんな直哉に追いかけられてはいくら虎杖でもただでは済まないと考え、自分が直哉を足止めすることに。

今は乙骨憂太から逃げきることだけを優先するよう促し、昨日の地点で落ち合おうと手はずを整えます。

おそらく、昨日の地点とは138話で虎杖が座っていた階段のことでしょう。

乙骨が虎杖を追いかける

それぞれがこれからの作戦を決めた瞬間、赤血操術で乙骨の邪魔をしようとした脹相。

しかし、それよりも早く脹相には直哉がつき、虎杖には乙骨という追手が…。

すでに直哉と乙骨には脹相の企みがばれていたのです。

乙骨が抜き身の刀を持っているにもかかわらず、かなりの速さで追うことに驚く虎杖。

一方、走り出しで殺すつもりで動いた乙骨も、虎杖の速さに感心していました。

赤血操術では直哉に勝てない

なぜ脹相が赤血操術を使えるのか疑問に思いながらも、赤血操術では自分に勝てないと豪語する直哉。

赤血操術の中で注意すべきなのは穿血ですが、穿血を出すためには百斂で血を圧縮するタメが必要となるため、ここで死ぬことになるだろうというのです。

しかし、弟の虎杖に手を出され、脹相も黙っているはずはありません。

「生きて帰れると思うな」

そう吐き捨て、直哉に対して凄む脹相。

真希を彷彿とさせる虎杖の動き

虎杖の身のこなしを見て、真希を思い出す乙骨。

一方、虎杖は見通しのいいところでは乙骨を振り切れないと考え、屋内に逃げ込む作戦に。

しかし、乙骨の投げた車が上から降ってきて、行く手を阻まれてしまいます。

非力に見える乙骨ですが、その呪力量はかなりのもの。

パワー不足を呪力で補うことは呪術師の基本ですが、呪力不足をパワーで補っている虎杖とは正反対ということがわかります。

そう分析する虎杖に対し、自分は五条悟よりも呪力量が多いと明かす乙骨。

元々五条には六眼があるため、術式を発動する際の呪力消費は限りなく0。

自分には呪力切れの心配があるが、五条のやり方は1番コストパフォーマンスがいいと語り、早々に話を切り上げます。

七海建人から託された命

乙骨の話を聞いた虎杖は、東堂葵の言葉を思い出していました。

「一流の呪術師ほど呪力の流れが読みづらい」

東堂曰く、呪力操作の制度が高い一流は、直前まで「本当にこの攻撃をしてくるのか?」と思わせるほど、攻撃予測が不可能とのこと。

しかし、乙骨の場合は刀を含め全身から呪力が溢れているため、呪力の流れを読むことが出来ません。

際限ない呪力により、すべての攻撃を決定打にすることが出来、すべてのダメージを最小限に抑えることも可能に。

しかし、虎杖もここで負けるわけにはいきません。

七海建人から託された言葉を思い出し、今一度乙骨に挑むのでした。

スポンサーリンク

呪術廻戦140話ネタバレ最新話考察予想

虎杖の前についに乙骨憂太が登場!

禪院直哉も虎杖の命を狙う中、戦いは虎杖&脹相vs乙骨憂太vs禪院直哉という三つ巴戦に…。

乙骨憂太は虎杖の味方になってくれると信じていますが、背中の武器を下ろしているので、やはり戦いに発展してしまうのでしょうか?

また、まだこの場に到着しない伏黒は何をしているのでしょうか?

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

虎杖悠仁vs乙骨憂太?

ついに虎杖が乙骨と出会ってしまいました。

あたりには不穏な空気が漂っていますが、ここにきても乙骨が虎杖の味方になってくれる気がしてなりません。

「虎杖が五条の教え子だとしても殺す」と宣言していましたが、乙骨はあの五条が信頼を置いている教え子。

そんな乙骨が上層部の企みに気づかないはずがありません。

また、乙骨憂太も虎杖悠仁と同じく死刑宣告された人間。

そんな乙骨が「仲間の腕を切り落とした」だけで虎杖悠仁を殺すとは思えないですよね。

五条が海外出張に行ったときに乙骨へ虎杖と上層部のことを話しているはずですし、乙骨も自分と同じ境遇の人間(虎杖)を殺すとは考えにくい。

なので、乙骨は虎杖を殺さず、何らかの逃げ道を作ってあげるのではないかと考えています。

乙骨憂太vs禪院直哉?

ここから虎杖&脹相vs乙骨憂太vs禪院直哉の戦いが始まるのは確実ですが、まずは乙骨と直哉の戦いが始まりそうです。

その理由は、直哉が相手の地雷をことごとく踏んでいるから。

虎杖の地雷は伏黒ですし、脹相の地雷は虎杖です。

そして、乙骨の地雷は仲間である狗巻、真希、パンダの3人。

直哉は術式がなく、男勝りな真希を嫌っています。

そんな真希のことを「真希ちゃんは死にかけている。術式もないし死んでも構わない」などと発言し、乙骨の逆鱗に触れそうですよね。

直哉は相手の力量を見定められる良い呪術廻戦だと判明したので、ここですぐに退場しないことを祈ります。

虎杖の父親は加茂憲紀で確定か?

虎杖に「お前の父の額にも傷があったはずだ」と語りかける脹相。

これに対し虎杖は何も返しませんでしたが、やはり虎杖の父親は加茂憲紀で決定なのでしょうか?

以前、順平から両親について聞かれた虎杖は、「母親はあったことがないが、父親はうっすら覚えている」と答えていました。

虎杖が父親の何を覚えているのかは明らかになっていませんが、祖父が両親に言及しようとした瞬間に亡くなったことから、虎杖の祖父には何らかの縛りが設けられていたと考えられます。

もしかしたら次回でそれらが明るみに出るかもしれません。

ここから先は、虎杖が父親のことで何を覚えているのかが重要になりそうですね。

禪院直哉の術式は投射呪法?

術式による速さを見せつけた禪院直哉。

速いと言えば、禪院直毘人の投射呪法です。

直哉は直毘人の実子ですし、その術式を引き継いでいる可能性があります。

禪院家相伝の術式は十種影法術影だけだと思われがちですが、そもそも相伝の術式は一つではありません。

つまり、投射呪法も相伝の術式の一つだと考えられます。

ただ、相伝の術式の順位は十種影法術>投射呪法なのでしょう。

直毘人は相伝の術式である投射呪法を持つ直哉よりも、十種影法術を持った伏黒のほうが禪院家当主にふさわしいと考えているのではないでしょうか?

伏黒恵が到着しない理由は津美紀が関係?

禪院直哉よりも先に虎杖の捜索に当たっていたはずの伏黒ですが、なぜか虎杖のことを発見できていません。

探索向きの鵺や玉犬渾を使えば虎杖のことをすぐ発見できそうですが、なぜ虎杖を見つけられないのでしょうか?

その理由は、伏黒津美紀にあると考えられます。

偽夏油(加茂憲倫)が封印を解いたことで、ついに伏黒津美紀が目を覚ましました。

津美紀が目を覚ました知らせは、当然伏黒恵に届くはずですよね。

そう考えると、伏黒は津美紀のそばにいるのではないでしょうか?

偽夏油(加茂憲倫)曰く、マーキングした人々は殺意をもって殺し合いを始めるとのこと。

そのため、伏黒は津美紀が死なないように、暴走しないようにそばにいると考えられます。

スポンサーリンク

呪術廻戦140話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

ここからは、呪術廻戦140話ネタバレ最新話に期待する読者の声を紹介していきます!

ついに虎杖の前に乙骨憂太が現れました。

禪院直哉もいることから激しい戦いが繰り広げられると思いますが、乙骨は虎杖の敵で確定なのでしょうか?

ファンの間でも、「乙骨は味方だ」と希望を捨てていない人が多く、来週以降どんな展開が待っているのか楽しみです!

スポンサーリンク

呪術廻戦140話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、呪術廻戦140話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

呪術廻戦140話では、虎杖と伏黒の抹殺を宣言した禪院直哉が到着しました!

その戦い方から直哉の術式は投射呪法だと予想されますが、どうなのでしょう。

また、ついに乙骨憂太も虎杖を発見!

背負っていた武器を下ろしているので、やはり虎杖を殺すつもりで来たのでしょうか…。

渋谷事変が始まってからずっと緊張した展開が続いているので、そろそろ「乙骨は虎杖の味方だった!」という希望のある展開が来てくれることを祈ります。

以上、漫画「呪術廻戦」140話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


11 + 13 =

目次
閉じる