MENU
カテゴリー

呪術廻戦141話ネタバレ最新話確定!リカ出現!虎杖が心臓を突かれる

2021年3月8日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」141話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回140話では、ついに虎杖悠仁と乙骨憂太の戦いが始まりました!

突然現れた乙骨に対し禪院直哉は、自分は味方であること、虎杖悠仁をエサにおびき出したい人物がいることを伝え、虎杖殺害は乙骨に任せるつもりのようです。

一方、直哉の術式がスピード強化系であると考えた脹相は、直哉を足止めし、虎杖を逃がすことに。

今は乙骨から逃げることをだけを考え、138話で虎杖が座っていた階段で落ち合うことを約束。

次の瞬間、走り出した虎杖には乙骨が、赤血操術で乙骨の邪魔をしようとした脹相には直哉があたり、2つの戦いが勃発するのでした。

このまま虎杖は乙骨にやられてしまうのでしょうか?

また、パンダや釘崎はどうしているのでしょうか?

そんな呪術廻戦141話のネタバレ最新確定情報を、さっそく考察予想と共にお届けしていきましょう!(^▽^)/

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

←前回今回次回→
140話141話142話
目次
スポンサーリンク

呪術廻戦141話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」141話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、さっそくお届けしていきたいと思います(^▽^)/

一撃が命取りとなる乙骨の攻撃

乙骨の一撃をかわす虎杖。

すかさず乙骨は刀を翻して、再び虎杖に切りかかります。

一撃が致命傷となりうる乙骨の刀をどうにかしなければと策を練る虎杖。

その間にも乙骨の攻撃は続き、つい虎杖は頬を切られてしまいます。

虎杖はこれまで戦いを振り返り、自分の戦闘スタイルを思い出していました。

もともと呪力で肉体を強化している虎杖は、そこまで刃物に恐怖を感じたことがありません。

しかし、乙骨はこれまでの相手とは桁違い。

ナメてかかるとあっという間に殺されてしまいます。

サバイバルナイフで応戦

一度離れ、近くに止めてあった車に乗り込む虎杖。

車内で見つけたサバイバルナイフを持ち、車の外に飛び出します。

乙骨は出てきた虎杖を追いかけますが、虎杖がいきなり向きを変え、応戦態勢に切り替わりました。

先ほどまでなかったナイフに驚く乙骨ですが、その形状から、先ほどの車で見つけたのだろうと予測。

呪いのこもった呪具でないならさほど警戒する必要はないだろうと、再び虎杖に切りかかります。

五条の言葉を思い出す虎杖

虎杖は戦いながら五条悟の言葉を思い出していました。

「得物の扱い方から修業することもあるけど、それだと呪具頼りになってしまう」

「呪力操作を優先したいから、虎杖がこういうのを使うのはまだ先かな」

「屠坐魔はとりあえず応急処置ね」

乙骨は刀が折れて丸腰に…

その間も虎杖と乙骨は激しい戦いを繰り広げます。

虎杖は乙骨の刀に押されるながらも、必死にナイフに呪力を込めようとしていました。

しかし、先ほどの五条悟との会話からわかるように、虎杖は呪力を込める方法を習っていません。

そのため、乙骨を押し返すことが出来ず、隙をつかれ蹴りを入れられてしまいます。

単純な前蹴りですが、桁違いの呪力がこもった蹴りは想像以上に重くようで、かなりの威力が予想されます。

その隙に、再び虎杖に向けて刀を振り下ろす乙骨。

衝撃でナイフは折れ、虎杖自身も傷を負ってしまいました。

それでも虎杖は乙骨に向かい、蹴りで刀を破壊。

乙骨は虎杖が五条の教え子であることを思い出し、「一筋縄じゃ無理か」と言い放ちます。

一方、虎杖はお互いの武器が壊れた今がチャンスだと思っていますが…?

ついにリカちゃん出現!

破壊された刀を見つめる乙骨。

虎杖が攻撃のために距離を詰めたその時、真後ろから何者かの手が現れ、身動きが取れなくなってしまいました。

乙骨が「リカちゃん」と呼ぶそれが式神なのかほかの存在なのか考える虎杖ですが、今はリカちゃんに体を包み込まれ、全く動くことが出来ません。

あまりに強すぎる力ですが、これでもリカちゃんと乙骨は遊んでいるだけのようです。

乙骨がリカちゃんに虎杖を抑えるよう指示した次の瞬間、折れた刀が虎杖の心臓に突き刺さり…。

「ごめんね」

虎杖に謝っていることから、一連の行動は乙骨の本心ではないのでしょう。

これにはさすがの宿儺も「チッ」と不快そうに舌を打ちますが、すぐに何かに気付き、笑みを浮かべます。

禪院直哉の術式は「投射呪法」で確定

一方、ついに禪院直哉が術式らしきものを見せました!

脹相をコマにするその技は、どこからどう見ても直毘人の投射呪法と同じ。

「ヴンッ」という効果音まで、全く同じです。

脹相は、直哉の術式の種が全く分かりません。

「百斂」を出すどころの話ではないと、体外での血液操作がまるで機能しないことに焦りを隠せないのでした。

脹相は赤鱗躍動・載を発動

その後も脹相と禪院直哉は激しくぶつかり合っていました。

直哉のスピードの速さに、脹相は自分が一体何をされているのかが理解できません。

しかし直哉は、何度攻撃しても倒れない脹相のしぶとさに驚きます。

「マジで何なん君」とボヤく直哉に、脹相は「兄さ。10人兄弟のな」と鋭い眼光で赤鱗躍動・載を発動するのでした。

スポンサーリンク

呪術廻戦141話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

虎杖悠仁vs乙骨憂太に第三者が乱入?

ついに始まってしまった虎杖と乙骨の戦い。

乙骨は明確な殺意をもって虎杖に向かっているので、虎杖が殺されるのは時間の問題でしょう。

となると、乙骨を止めるための何かが必要になります。

現時点で力で乙骨を止められる人間はいないでしょう。

4人の特級呪術師のうち、五条悟は封印、九十九由基は天元様と向き合うためにどこかへ移動、夏油傑は加茂憲倫に体を乗っ取られています。

そのため説得以外で乙骨を止める方法はなく、それが叶うのはクラスメイトである禪院真希、狗巻棘、パンダの3人のみ。

しかし、真希は重体で生死の境を彷徨っていますし、狗巻は腕を切られて呪符のようなもので体を巻かれています。

残ったパンダが乙骨を説得してくれるのではないでしょうか?

禪院直哉のお付きの人の話によると、高専関係者は虎杖悠仁捜索に当たっていると予想されます。

つまり、パンダも虎杖の捜索に当たっているはず。

夜蛾学長が死刑宣告を受けたので、そっちと一緒に行動していなければ、乙骨の前に現れて説得を試みるのではないでしょうか?

虎杖悠仁の危機に宿儺が登場する?

もちろん、この場に第三者が現れず、虎杖に危機が迫ることもあるでしょう。

そうなった場合、契濶を唱えて宿儺が現れるかもしれません。

このまま虎杖が殺されてしまえば、宿儺の計画は失敗に終わる可能性も…。

もちろん、契濶を唱えて宿儺が出てきても、宿儺は誰にも危害を加えられないので、ただ逃げるだけになります。

また、契濶によって宿儺が虎杖の肉体を自由にできるのは1分間だけ。

もし宿儺が出てきたら乙骨とどんなやり取りをするのか楽しみですね。

脹相が禪院直哉に勝利?

虎杖悠仁と乙骨憂太が激しい戦いを繰り広げる一方、脹相と禪院直哉の戦いも始まりました。

この戦いにおけるポイントは、直哉が赤血操術を知っているということ。

戦いにおいて、相手の術式情報を知っているかどうかで、勝敗に大きな差が生まれます。

直哉は御三家の一つ・禅院家の出身なので赤血操術を知っていますが、脹相は直哉がスピード強化系の術式としかわかっていないので、ここで大きな差が…。

しかし、直哉は脹相が強力な赤血操術を使うことは知らないでしょう。

裏梅に使ったように、血星磊を打ち込んで毒として作用させる方法や、脹相オリジナルの技を見せてくれるかもしれません。

「穿血以外は怖くない」

直哉のこの一言がフリにならないことを祈ります。

虎杖悠仁が術式を発現する?

そろそろ虎杖は術式を発現するのではないでしょうか?

というのも、芥見下々先生がケンドウコバヤシの「漫画コバヤシ」で「存在しない記憶」は虎杖の術式ではないと断言したのです。

今、虎杖には乙骨憂太という非常に強い敵が迫っていますし、宿儺の指を15本取り込んでから時間が経っているのでそろそろ術式を発現してもよさそうな気がします。

むしろ、ここで虎杖が新しい技を出さないと死んでしまいそうなので、黒閃以上の技を習得する、もしくは術式を見せるといった変化が欲しいですね。

乙骨憂太は術式を出すのか?

50mを3秒で走る虎杖に軽々と追いつく乙骨憂太。

いくら呪力で身体能力を強化しているといっても、術式なしで虎杖を殺すことはできないでしょう。

140話では術式を使っていませんでしたが、「リカちゃん」という謎の存在を連れていることはわかっています。

この「リカちゃん」は特級過呪怨霊・折本里香に関係があるのでしょうか?

呪術廻戦0巻で里香ちゃんは解呪されましたが、まだ乙骨と一緒にいるということでしょうか?

もちろん、乙骨が海外修行で術式を手に入れ、術式に「リカちゃん」と名付けた可能性もあります。

いずれにせよ、乙骨は虎杖を殺すために術式を使うはずなので、その時に謎が明らかになるでしょう。

スポンサーリンク

呪術廻戦141話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

今回はリカちゃん登場に関する反応が多く見られましたね。

宿儺の不敵な笑みに、伏黒恵の登場を期待する声もありました!

スポンサーリンク

呪術廻戦141話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、呪術廻戦141話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

呪術廻戦141話では、乙骨憂太の前にパンダが現れ、虎杖の死刑執行中止を説得してくれるのではないでしょうか?

また、赤血操術を知る禪院直哉と、虎杖に危害を加えた直哉に激怒する脹相の戦いが白熱しそうですね。

ここから最終回まで箸休めなしで進むということですが、そろそろ釘崎野薔薇の安否や東堂葵の術式がどうなったのかも知りたいですね。

以上、漫画「呪術廻戦」141話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


12 + 7 =

目次
閉じる