MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
Amebaマンガで100冊半額キャンペーン今すぐ確認

呪術廻戦147話ネタバレ最新話確定!夜蛾正道死亡確定!学長処刑にパンダ泣く

2021年4月26日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」147話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回は、死滅回游の新たな情報やメンバーが描かれました。

その中で、個人の役割を分担した上で別行動することが決まりましたね。

伏黒恵は現在禪院家当主であり、禪院家に関しては比較的自由な振る舞いができる様子。

乙骨は既に死滅回游へ向かいましたが、津美紀が死滅回游に参加するリミットまで約十日。

この間に各々が役割を熟せるかが重要になってきます!

そんな呪術廻戦147話のネタバレ最新確定情報を、さっそく考察予想と共にお届けしていきましょう!(^▽^)/

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

>>呪術廻戦の漫画全巻無料で読める方法やアプリはある?安い電子書籍の最安値クーポンをまとめて紹介

>>呪術廻戦アニメ無料動画見逃し配信を公式サイトで1話~全話フル視聴する方法まとめ

目次
メスネコ淫戯

呪術廻戦147話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」147話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、さっそく内容を紹介していきたいと思います!

死刑宣告された夜蛾正道(やがまさみち)

現在、呪術界の上層部から死刑もしくはそれに近い処罰を与えられているのは、五条悟、夜蛾正道、虎杖悠仁です。

その内の一人である夜蛾正道は、五条悟と夏油傑に渋谷事変をそそのかしたという理由で死刑宣告がなされていました。

夜蛾は、廊下の中で静かにその時を待っています。

そんな彼の前に現れたのは京都校の学長である楽巌寺嘉伸で、彼は夜蛾に〝突然変異呪骸〟であるパンダの作り方を尋ねました。

夜蛾正道(やがまさみち)は特級へ

本来、人工的な呪骸は他の操術より、自立した行動をすることが可能です。

しかし動力である呪力は術師から与えられたものを消費するのですが、パンダの呪力はパンダ自身の呪力で自己補完ができていました。

そのため、上層部はパンダを作った夜蛾正道を特級呪術師に認定。

その上で無期限拘束を正式に下そうとしていたのです。

現在上層部が危惧しているのは、夜蛾正道がパンダを意図的に作ったか否かでした

もし意図的に作成したものならば、夜蛾は呪骸という軍隊を所持できるということ。

楽巌寺嘉伸は、夜蛾にパンダの作り方を本当に知らないのかと確認するのでした。

夜蛾と呪骸たちの絆

ネクタイをした犬の呪骸が、森の中で夜蛾に話し掛けていました。

夜蛾を「まさみち」と呼び、元気がないと心配しています。

呪骸が彼だけではないようで、他のメンバーも同じように夜蛾を心配しているとのこと。

その中でも、犬の呪骸は夜蛾に対し、元気がないなら元気づけてやろうと彼の元にやってきたのでした。

夜蛾はそんな呪骸の頭を優しく撫でます。

犬の名前は『タケル』と言うらしく、夜蛾は彼に暫く帰れない旨を伝えるのでした。

タケルはまた出張かと問い掛けます。

夜蛾はそれに長い出張だと答え、この森は天元様の庇護下にあり、またタケルの母も会いに来てくれると背を向けます。

自分がいなくても大丈夫だとタケルに言い聞かせながら、夜蛾は森の外へ……

するとタケルは夜蛾を呼び止めました。

振り返った夜蛾の前には、タケル以外の呪骸も多くが集まって夜蛾を心配そうに見つめています。

彼等は夜蛾がいないとさみしいと言うのでした。

パンダ生存確定!助けたのは日下部篤也

パンダは夜蛾の呪骸ということでとある場所に拘束されていました。

それを助けたのは日下部篤也で、彼は自分が助けたことを誰にも言うなと釘を刺します。

日下部は、パンダが捕まえられたのは夜蛾を誘い出すためだと説明します。

日下部は夜蛾に恩があるのだと言いました。

夜蛾正道と日下部篤也の間には、強い信頼関係があったのです。

夜蛾と日下部の過去

車椅子に座った女性の横に立つ日下部に向かって、夜蛾は本当にいいのかと確認しています。

夜蛾の背後にはタケルの姿。

夜蛾は日下部に、タケルのことをこいつはもうオマエの甥ではないと説明しました。

あくまで甥の情報を持つ何かだという言葉に、日下部は納得します。

その上で、自分の妹はタケルが支えてくれなきゃ生きていけないのだと告げました。

タケルは、車椅子に座った女性を見て彼女が自分の母親かと問い掛けます。

車椅子に座っていた女性は、そのままタケルを抱き締めました。

涙を流す女性を見つめながら、夜蛾はタケルの存在(完全自立型呪骸の存在)は公にはできないと告げます。

しかしそれも日下部は納得している様子。

タケルは自分の妹とは暮らせない。

謝る夜蛾に、日下部はそれでもと震えながら感謝を伝えるのでした。

夜蛾正道が逃亡

死罪となった夜蛾が唯一助かる方法は、パンダたちのような完全自立型人工呪骸の製造方法を明かすことでした。

息子に会いたいと言う夜蛾に、刺客と思わしき術師が怒りの形相で彼の前に立ちはだかります。

夜蛾は彼等に、五条がいなくなった途端急に強気だなと言いました。

しかし彼等はそんあ煽りを物ともしません。

五条悟がいない今、彼等の後ろには歴戦の術師が付いていると自信ありげです。

その時、突然現れたのは楽巌寺嘉伸でした。

夜蛾正道の死亡確定

ギターを持った楽巌寺嘉伸。

夜蛾は彼の手に掛かり、血塗れでその場に倒れ込みます。

楽巌寺は他の術師たちを下がらせて、今自分が死に追いやった夜蛾を見つめるのでした。

夜蛾正道の最期の呪い

夜蛾は突然、最期の力を振り絞ってパンダ達の製造方法を楽巌寺嘉伸に伝えます。

肉体の情報から魂の情報を複製し、呪骸の核に入力する。

しかしそれだけではダメで、相性の良い3つの魂を宿した核を1つの呪骸に、お互いの魂を常に観測させるのだよ言いました。

そこで初めて魂が安定、自我が芽生えるのです。

生後三ヶ月を過ぎたあたりで呪力の自己補完を始めると語る夜蛾に、楽巌寺嘉伸はどうして今更そんなことを話したと告げます。

何故、今更。

何故、もっと早くに。

何故生き延びようとしなかったと嘆く楽巌寺嘉伸に、夜蛾はこれが自分からアナタへの呪いだと告げるのです。

夜蛾正道死亡とパンダ

事切れた夜蛾の前に現れたのはパンダでした。

パンダは夜蛾の名前を懸命に呼びましたが、夜蛾は既に反応しません。

ゆっくりと夜蛾へ近付くパンダに対し、楽巌寺嘉伸はギターを構えて応戦しようとします。

しかしパンダは楽巌寺を無視して夜蛾の亡骸を抱えました。

楽巌寺は、それに対し自分が憎くないのかと告げます。

パンダでも泣く

パンダは楽巌寺嘉伸を恨んではいませんでした。

夜蛾と楽巌寺の仲は良かったこと。

そして楽巌寺が上層部の命令で、仕方がなく夜蛾を殺したのだと理解していたのです。

しかしそれでもやるせない想いはある。

パンダは楽巌寺を恨まない。

だけれどパンダだって泣くのだと、これだけは覚えておけと言って泣き叫ぶのでした。

次回「呪術廻戦」148話に続きます。

呪術廻戦の最新巻を無料で読む方法

いまAmebaマンガ では、無料会員登録特典に爆弾キャンペーンを実施中!

なんと初回限定で、お好きな漫画100冊まで使える最大半額クーポンがついてきます!

このクーポンを使えば、長期連載されている人気漫画もほとんど全巻半額で購入OK!

knight

全巻お得に制覇できるから、最新展開まで一気に読めて本誌にもすぐに追いつけるよ!

さらにLINE登録をすると、全品10%OFFクーポンが毎週もらえる特典までついてくるから驚きですよね!

ほかにも初購入者or半年以上未購入者を対象に、月額プランの基本コインが全額返還(翌月継続時)されるサービスも開催中!

このサービスを利用すれば実質ゼロ円になるため、利用しないほうが損です!

とはいえ、このキャンペーンはいつまで開催されているか分かりません…。

ぜひAmebaマンガの初回特典を賢く利用して、お得に楽しんでください!

\ まずはクーポンだけもらう /

呪術廻戦147話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

高羽史彦(たかばふみひこ)の術式は七海建人と同じ十劃呪法(とうかくじゅほう)

高羽史彦というお笑い芸人ですが、彼も死滅回游のプレイヤーとして組み込まれています。

146話におけるラストの台詞、七三という言葉が気になりますね。

あくまでお笑いのことに関する返事でしたが、死滅回游参加者ということは術式を持っているということ。

七対三と言えば、七海建人の術式・十劃呪法(とうかくじゅほう)と類似しますね。

どんな相手や物体に対しても、対象の長さを線分したとき7:3の比率の点に強制的な弱点を作り出す術式。

高羽史彦の七三発言は偶然でしょうか?

まだ術師としての意識はないようですが、もしかしたらこれから重要なキャラクターになるのかもしれません。

高羽史彦の十劃呪法は5対5

高羽史彦の術式が七海の使用していた十劃呪法であった場合、同じように7:3の比率で強制的な弱点を作り出すのか気になりますね。

作中では白か黒かの2択を迫られ、五分五分な環境に嫌気がさしているようでした。

本当は七三くらいがいいと発言していることから、高羽史彦の現実が自分の理想と異なっているのではないかと察することができます。

つまり、高羽史彦の十劃呪法は5対5なのではないでしょうか?

高羽史彦は瓦落瓦落(がらがら)が使えるのか考察

結論からいって、高羽史彦は瓦落瓦落(がらがら)が使えると考察します。

七海健人の十劃呪法で、奥の手となる「瓦落瓦落」。

瓦落瓦落は、七海健斗が「時間外労働」をした時に発動していました。

高羽史彦も七海健斗と同じように、何らかの縛りを課しているのかもしれません。

ネタがダダ滑りしていたのは、関係しているのでしょうか?

相手を笑わせるなんて縛りを課していたら、七海のキャラクターと対照的で面白そうです。

高羽史彦の術式付与はナナミンが死んだから?

ナナミンが死亡したことで、高羽史彦が術式付与された可能性は低いと考えます。

というのも作中ではすでに、同じ術式を複数の人物が使えると描かれているからです。

たとえば反転術式は、入家硝子や乙骨憂太が使えます。

黒閃も釘崎や虎杖が使えていましたよね。

一家相伝の術式でなければ、ほかの術師も扱えるのではないでしょうか?

禪院直哉が伏黒津美紀を狙う可能性

146話にて、恵は既に禪院家当主になっていることが明かされました。

あれほどそれを邪魔しようとしていた禪院直哉が居たにもかかわらず、あっさりと当主として君臨している恵。

事情は後で話すと言ってくれていますが、このまま禪院直哉が引き下がるとも思えません。

恵が虎杖たちと死滅回游に奔走している間、伏黒津美紀を狙う可能性も出てきました。

天元様曰く、死滅回游への参加はあと十日がリミット。

虎杖たちはそれを阻止するために今後動いていくわけですが、その十日間の間に直哉が何か仕掛けてくることがあるやもしれません。

禪院直哉vs禪院真希

禪院家の武器庫を漁りに行きそうに発言していた真希ですが、禪院家へ出向くことによって直哉と鉢合わせする可能性もありますね。

戦闘になるかは分かりませんが、嫌味や皮肉を込めた会話はありそうな予感。

禪院真依が今どうしているのかも気になります。

禪院家は京都にあるため、真希が死滅回游に参加するのは少し遅れる可能性がありますね。

秤金次は東堂葵に似ている?

乙骨から、ノっている時は自分より強いと言わしめる秤金次。

ノっているときと状況が限定的なのは気になりますが、つまり彼は自らのテンションに左右される人間なのでしょう。

テンションと聞いて思わず思い浮かべてしまうのは東堂葵。

同学年ですし、もしかしたら東堂に似通った人物なのかもしれません。

秤金次vs虎杖悠仁

もし秤金次が東堂葵に似た人物であるのなら、強さというステータスには拘りそうですね。

五条の話やファンブックによる解説を聞く限り、秤は限りなく味方側だと言えます。

しかしこれから虎杖や伏黒と行動しようというのなら、仲間になる人物がどれだけ動けるか試したくなるのが強者ではないでしょうか?

そういった面から、秤と虎杖がちょっとした小競り合いをする可能性もありますね。

呪術廻戦147話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

ここからは、呪術廻戦147話ネタバレ最新話に期待する読者の声を紹介していきます!

スポンサーリンク

呪術廻戦147話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、呪術廻戦147話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

呪術廻戦147話では、東京校学長である夜蛾正道が死亡しました。

特級相当に値する術式を恐れられ、処刑された夜蛾正道。

彼を処刑したのが、楽巌寺嘉伸であるということも辛い展開になりましたね。

生みの親である夜蛾正道の死に、涙を流すパンダ。

悲痛な彼の叫び、そして夜蛾を心配していた沢山の呪骸たち。

彼等を思うと、胸が苦しくて堪りません。

以上、漫画「呪術廻戦」147話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

Conect

コメント

コメントする

CAPTCHA


4 × 1 =

目次
閉じる