MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
Amebaマンガで100冊半額キャンペーン今すぐ確認

呪術廻戦149話ネタバレ最新話確定!真依死亡!真希の涙と新しい呪具

2021年5月24日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」149話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回は、禪院真希が禪院家に到着。

しかし伏黒恵を当主と認めない、禪院直哉を始めとした甚壱達に暗殺を企てられます。

禪院真希と禪院真依を殺害しようと襲ってきたのは、二人の父親である禪院扇。

彼は自分が前当主になれなかったのは双子の娘たちが出来損ないだからと激高し、実の娘を殺害しようとするのでした。

そんな「呪術廻戦」149話のネタバレ最新確定情報を、さっそく考察予想と共にお届けしていきましょう!(^▽^)/

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

開催中のキャンペーン情報まとめ
  1. Amebaマンガ100冊半額クーポン
  2. コミック.jp1,350円無料
  3. まんが王国初回最大60%還元
  4. ebookjapan最大3,000円引き

\ 登録1クリック /

\ 即マンガ無料 /

>>呪術廻戦の漫画全巻無料で読める方法やアプリはある?安い電子書籍の最安値クーポンをまとめて紹介

>>呪術廻戦アニメ無料動画見逃し配信を公式サイトで1話~全話フル視聴する方法まとめ

目次
メスネコ淫戯

呪術廻戦149話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」149話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、お届けします。

真希の敗北

倒れた真希と真依の襟元を掴み、扇が引き摺っていきます。

扇は真希に、刀身を折り、間合いを縮めたと判断し踏み込んだのが間違いだと告げました。

扇は自分を剣士ではなく術師だと言います。

出来損ないの物差しで自分を測ろうなど笑止千万だと吐き捨てるのでした。

禪院扇と直毘人の差

扇は自分が前当主に選ばれなかったのは真希と真依のせいだと言い続けます。

そもそも禪院家において、相伝の術式と言えど投射呪法の歴史は古い模様。

そのため直毘人や自分の術式が相伝であるか否かは、当主争いにおいてそこまで重要ではありませんでした。

扇は直毘人に、術師として遅れをとったことはないと断言します。

だからこそ、唯一子供の出来のみが当主争いの結果だと告げるのでした。

足の引っ張り合い

扇の脳裏には直毘人の子である禪院直哉が浮かびます。

直哉は性格こそ最悪ですが、術師としては一級品。

扇は子が親の足を引くことなどあってはならないと言います。

そしてその話を聞いていたのは真依の方でした。

真依は引き摺られながら、扇に対してこの国では足の引っ張り合いが美徳なのよと吐き捨てます。

真希と真依の処遇

しめ縄の飾られた入り口に到着した扇は、その中に真希と真依を放り込みました。

そこは訓練や懲罰部屋として使われる部屋で、2級以下の呪霊を無数に飼っています。

扇はそこで、呪霊たちに真希と真依を喰わせる算段でした。

柱の影に身を隠した呪霊たちが、不気味に目を光らせて真希と真依を見つめています。

天与呪縛と人生の汚点

扇は真希の天与呪縛が何だと嘲笑いました。

自分たち術師は、日々鍛錬した肉体を更に呪力で強化して戦うと告げます。

だからこそ、天与呪縛のような力など術師であれば手抜かりなく持っているものだと断言しました。

扇はそのまま背中を向けて、真希と真依に対し、さらば我が人生の汚点と告げて部屋から去って行ったのです。

真希と真依

部屋に取り残された真依は、気を失っている真希を自分の膝の上に乗せていました。

そして鼓動を確かめるように胸に手を当て、流石にしぶといわねと真希の生存を確かめます。

真依はいつかこうなるんじゃないかと思っていました。

そのまま真希の顔を除き込み、真依は「最悪」と呟いて真希の唇に口付け増す。

双子の精神世界

ふと真希が目を覚ますと、見覚えのない海辺に寝転んでいました。

瞬間隣から声が聞こえます。

私の術式、もう大体分かってるでしょと呟いたのは真依でした。

真希の隣に座っていた真依は、そのまま術式の説明をします。

真依の構築術式

真依は自分の術式を真希に説明したことはありません。

大きい物や複雑な物は作れないと言いつつ何かを形取ります。

扇に斬られた傷もあるし、これを作ったら私死ぬからと告げた真依の表情はあっさりしていました。

じゃあね、後は一人で頑張んなさい

真依はそう告げて、一人海へと入り始めるのです。

禪院真依の覚悟

真依の行動を、真希は声を張り上げて止めようとします。

しかし真依は止まりません。

一度だけ振り返ったかと思えば、真依は呪術師にとって双子が凶兆な理由を自分は随分前から分かっていたと告げました。

何かを得るには何かを差し出さねばならない。

痛い目を見て強くなるのだって理屈は同じで、同じなはずなのに自分たち双子はそういう利害が成立しないのだと説明します。

真希と真依は同一人物

呪術において、一卵性双生児は同一人物として見なされるのだと真依は言いました。

だからこそ、真希は真依で、真依は真希。

真希がいくら努力して強くなりたいと願おうとも、その願いを持たない真依がいる以上意味がない。

それは呪力や術式においても一緒です。

真希が術式を持っていなくても、真依が術式を持っていたら意味が無い。

真依は自分がいる限り、真希は一生半端物だと言いました。

〝捨てる〟ということ

追い掛けてきた真希の手を、真依は振り払います。

これだけは置いて行く。だから他は捨てなさい。

真依は真希に、呪力もなにもかも自分が持って行ってあげると告げました。

だから一つだけ約束して欲しいと真希に願うのです。

全部壊して

真依は真希に、全部壊して欲しいと告げました。

その瞬間、真希と真依の姿が幼い頃に戻ります。

真依は満面の笑みを浮かべて真希に言いました。

全部だからね、お姉ちゃん

それが、禪院真依の最期の言葉となったのです。

真依死亡

現実世界で意識を取り戻した真希が、倒れ込んでいる真依の名前を呼びます。

真希の手には刀が握られていました。

真依が構築術式で、自らの命と引き替えに作った真希だけの武器です。

真希は起きてと真依に声を掛けます。

名前を呼び、再度起きてと告げて涙を流す真希。

周囲には多くの呪霊が真希と真依を取り囲んでいました。

禪院扇の恐怖

一方、禪院扇は部屋から離れている最中に不穏な空気に気付きます。

それは呪霊の消滅反応でした。

部屋の入り口に向き直り、刀を構えようとした瞬間扇に言い知れない恐怖が襲います。

体が覚えている。忘れるよう努めたあの恐怖――

視界の先に現れたのは真希でした。

扇にはそれが、伏黒甚爾の姿に被って見えます。

禪院扇の術式解放

扇はすぐに攻撃態勢に入りました。

術式解放『焦眉之赳(しょうびのきゅう)』

扇の刀身が炎に包まれ、それを真希に向けます。

禪院扇死亡

来い!出来損ない!!

それが扇の最期の言葉となりました。

叫んだと同時に、頭が真っ二つに割れて崩れ落ちる禪院扇。

「真依 始めるよ」

真希は顔色ひとつ変えず、俯いたままそう呟いたところで「呪術廻戦」149話は幕を閉じました。

次回「呪術廻戦」150話の考察はこちら。

呪術廻戦の最新巻を無料で読む方法

いまAmebaマンガ では、無料会員登録特典に爆弾キャンペーンを実施中!

なんと初回限定で、お好きな漫画100冊まで使える最大半額クーポンがついてきます!

このクーポンを使えば、長期連載されている人気漫画もほとんど全巻半額で購入OK!

knight

全巻お得に制覇できるから、最新展開まで一気に読めて本誌にもすぐに追いつけるよ!

さらにLINE登録をすると、全品10%OFFクーポンが毎週もらえる特典までついてくるから驚きですよね!

ほかにも初購入者or半年以上未購入者を対象に、月額プランの基本コインが全額返還(翌月継続時)されるサービスも開催中!

このサービスを利用すれば実質ゼロ円になるため、利用しないほうが損です!

とはいえ、このキャンペーンはいつまで開催されているか分かりません…。

ぜひAmebaマンガの初回特典を賢く利用して、お得に楽しんでください!

\ まずはクーポンだけもらう /

呪術廻戦149話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

禪院扇vs禪院真希と真依

148話のラストにて、血を流し膝から崩れ落ちた真希ですが負けが確定したわけではありません。

禪院扇を相手にした真希の戦闘は続くと思われますが、真依参戦の可能性があります。

禪院扇は真依が持つ未知の呪具を警戒していました。

真希が組屋鞣造の工房(アトリエ)から持ってきた呪具もそうですが、効果の分からない呪具を警戒するのは呪術師の基本ですね。

真希と真依は双子です。

仲違いしていてもお互いを思い合っていることには変わりなく、姉妹共闘での父親打倒を目指す可能性がありますね。

真希が禪院扇に勝利か?

そもそも禪院真希が扇に勝利する可能性はあるのでしょうか?

天与呪縛保持者の真希ですが、九十九曰く真希程度の天与呪縛保持者は幾人もいることが明言されていますね。

そんな中で、特別一級呪術師である禪院扇に勝利を収めるのは難しいかもしれません。

今のところ術式は公開されていませんが、扇は直毘人と同じ秘伝『落下の情』を使用するほどの呪術師。

加えて、真希と真依がいなければ直毘人を抑えて禪院家の当主になれるはずだったと本人が申告している分、その強さは本物なのでしょう。

禪院直毘人は真希と真依の存在を認めていた?

扇に心の底から疎まれている真希と真依ですが、二人の回想で父親である扇が出てきたことはありませんね。

真希が禪院家当主になると家を出奔してきた時も、相手は扇でなく禪院直毘人でした。

甚一、直哉、扇の発言を一貫すると真希や真依の扱いは不遇だったと思いますが、直毘人自身は本当に彼女たちを蔑んでいたのでしょうか?

呪力のない真希を「落ちこぼれ」と表現し、また真希が当主になると宣言したとき鼻で笑うような扱いをしている禪院直毘人。

しかし一方で、渋谷事変では真希を庇うような行動を取っています。

彼は真希が家を出て行く際に『試練を与える』と告げていますが、恐らくは真希の能力を理解していながらも、これまでの歴史から真希が当主になるのは非常に難しいと思っていたからこその愛の鞭ではないでしょうか?

真希は才能があるとはいえ、真依までもが呪術高専に通えた理由はここにあると考えられます。

恐らくですが、禪院直毘人は真希の実力を正しく評価し、加えて真希と真依の存在を認めていたのでしょう。

更に、過去に禪院家を出奔した伏黒甚爾。

彼も禪院家を嫌っていますが、直毘人にだけは接触を図っています。

伏黒甚爾の父親は直毘人の兄に当たる人物ですが、こちらも明確な情報が出ていません。

真希、真依、伏黒甚爾と言う禪院家で落ちこぼれとされる人間が、悪態を吐きながらも禪院直毘人と関わるのは何故でしょう?

直毘人が禪院家当主であるという理由よりも、恐らくは直毘人自身が呪術師を正しく評価できる人物だったのではないでしょうか。

禪院家を追い出された伏黒甚爾の息子である伏黒恵を、才能だけで当主の座に推薦するほどの人物です。

彼もまた、家のしがらみを抱えながら、それでも正しく呪術師を評価した人物だったのかもしれません。

禪院直毘人の兄弟の子どもには必ず天与呪縛保持者がいる

禪院扇は、自分が当主になれなかったのは産まれた子供が出来損ないだったからと明言していますね。

その審議は恐らくですが正しいと思われます。

禪院家に非ずんば呪術師に非ず
呪術師に非ずんば人に非ず

引用:「呪術廻戦」公式ファンブック 禪院家

平安貴族の言葉を風刺した格言に未だ重きをおいている禪院家です。

そうすることで今まで揺るぎない地位を獲得してきた一族だからこその闇があるのでしょう。

禪院直毘人が26代目当主になった経緯は『純粋に呪術師として強いから』と作者である芥見下々先生が発言しています。

しかし禪院扇はそう捉えていないようであり、実際に禪院家内での人間関係が影響した可能性は否めません。

禪院直毘人には兄と弟・扇が存在しますが、直毘人の兄の子供が伏黒甚爾です。

そして弟・扇の子供が真希と真依であると考えれば、直毘人の兄弟の子供には必ず一人天与呪縛保持者が存在します。

呪術師としての才能を決める天与呪縛も、禪院家にとっては『落ちこぼれ』の象徴。

直毘人の前の当主が禪院家独特の考え方を持っている人物ならば、扇の発言も頷けるものとなっています。

禪院扇は真希と真依に愛情がある?

禪院扇が娘である真希と真依に愛情を持っているかどうかですが、扇の発言や真希達の母親の様子から、それは難しいと考えられます。

しかし、真希と真依がそれぞれ呪術高専に通うことができた理由が直毘人だとしても、そこに父親である扇が全く関わってこないのもおかしいですね。

特に真依に関しては呪術高専京都校に通っており、実家とはある意味目と鼻の先です。

真希は実家を毛嫌いして東京校に通っていますが、真依が京都に留まった理由は姉への当てつけだけでしょうか?

公式ファンブックに描かれた作者の発言によると、禪院真希は今後のストーリーでも活躍することが確定しています。

伏黒恵、真希、真依の暗殺の発案者は禪院扇だと甚壱は発言していますが、これが盛大なブラフである可能性も否めません。

特に真希が扇に勝利するのは難しいと考えられますので、扇が娘たちを案じて一芝居打っている可能性もあると思われます。

京都校のメンバーが助けに来る?

伏黒恵が禪院家当主になったことにより、真希は単体で禪院家に乗り込んでいます。

悠仁と恵は秤金次に会いに行っていますし、乙骨憂太は既に死滅回游に参戦。

狗巻棘は未だ安否が知れず、パンダも夜蛾正道の件を考えると禪院家に押しかけてくることはないでしょう。

結果、現在敗北が濃厚な真希の助太刀をしてくれそうなメンバーは東京校に存在しません。

しかし禪院家の忌庫には禪院扇と真希の他に禪院真依がおり、彼女の方を案じた京都校のメンバーが駆けつける可能性は存在します。

特に加茂家の次期当主である加茂憲紀は、禪院家にも顔が効くでしょう。

彼自身も御三家らしい考え方を持った人物ですが、交流会や渋谷事変を経て仲間に対する意識は高いと考えられます。

暗殺対象の一人となっている禪院真依を、加茂憲紀は当然京都校メンバーが見過ごすことはしないでしょう。

真希敗北により死滅回游不参加の可能性

死滅回游参戦にあたって、術式を持たない禪院真希の参加は有利に運ぶと期待されていました。

死滅回遊における死のリスクが真希には存在せず、無双なるか?と思われたところでの禪院家問題。

もしかしたら真希と真依は、このまま敗北し死滅回游に参加しない展開も考えられるでしょう。

加えて伏黒恵を呼び出す材料に使われる可能性もあり、死亡とまではいかずとも真希敗北の可能性は存在します。

禪院真依が死亡か

真依は今回、真希との交渉材料のためだけに呼び出され禪院扇に敗北していました。

その目的を達成してしまった以上、禪院真依の利用価値は禪院家にとってなくなってしまったということになります。

伏黒恵を呼び出すということを考えれば、むしろ真依より真希の方が有効であり、真希の敗北を機に禪院真依が死亡する可能性も出てきました。

真希は真依のために禪院家当主を目指しています。

真希の最優先事項とも言える真依が死亡となるとかなり苦しい展開になりますが、全ては禪院扇の人間性にかかっていると言ってもいいでしょう。

呪術廻戦149話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

ここからは、「呪術廻戦」149話ネタバレ最新話に期待する読者の声を紹介していきます!

性別や才能の有無で生き方を定められる禪院家。

真希の苦悩や覚悟を知ると共に、今後の展開が期待されます。

スポンサーリンク

呪術廻戦149話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、「呪術廻戦」149話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

「呪術廻戦」149話では、禪院扇と真希の戦闘に決着がつきました。

その結果、禪院真依は死亡。

父親である禪院扇も真希に倒され死亡する結末を迎えました。

恐らく次回も禪院家内部の話が続くでしょう。

真希の精神的な問題も気になりますが、しばらくは苦しい展開が続くかもしれません。

以上、漫画「呪術廻戦」149話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

Conect

コメント

コメントする

CAPTCHA


20 − 14 =

目次
閉じる