MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
動画配信サービスおすすめ

呪術廻戦150話ネタバレ最新話確定と考察!禪院家崩壊!甚爾を超える真希の天与呪縛

2021年5月31日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」150話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回は、禪院真依が真希に全てを託して死亡。

遺された真希の手には、真依が命を懸けて作り出した真希だけの武器が……。

真依の『全部壊して』という願いの元に、真希は禪院扇を瞬殺。

表情を失った真希は、今まさに禪院家をぶっ壊しに歩み出しました。

そんな「呪術廻戦」150話のネタバレ最新確定情報を、さっそく考察予想と共にお届けしていきましょう!(^▽^)/

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

▼まんが王国なら呪術廻戦が安い▼

目次
スポンサーリンク

呪術廻戦150話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」150話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、お届けしたいと思います。

禪院家に警鐘が鳴り響く

禪院扇の頭を切り落とした真希は、真依の作り出した刀を見て「始めるよ」と告げます。

禪院家全体に鳴り響く警鐘。

突然の事態に、禪院直哉と話をしていた禪院甚壱が訝しがります。

真希の乱心が伝わる

甚壱の元に慌てた様子で現れたのは禪院家の人間・蘭太です。

蘭太は焦ったように真希が乱心したと報告。

加えて禪院扇が殺害されたことと、真希の処理に骸倶留隊(くくるたい)が当たっていることを告げます。

それを受けた甚壱は唖然。

禪院扇が殺されたことに衝撃を受けるのでした。

骸倶留隊隊長・禪院信朗(ぜんいんのぶあき)

骸倶留隊の隊長、禪院信朗は「扇とて寝込みや便所で襲われりゃ不覚を取ることもある」と隊員たちを納得させます。

信朗は自分が着くまでに真希を捕らえるよう部下へ指示。

一斉に散らばった隊員たちを見て、モタモタしてあとで甚壱にドヤされるのは自分だと嫌そうな表情をします。

骸倶留隊とは

禪院家『骸倶留隊(くくるたい)』とは、術式を持たない禪院家男児に入隊を義務づけられている組織です。

禪院家最強術師集団『炳(へい)』の下部組織として日夜武芸を叩き込まれており、真希も高専入学前まで籍を置いていました。

自分を見失う真希

真希は噸の間に出現。

50人近くいる骸倶留隊が一斉に取り囲みますが、真希は表情を変えません。

真希の脳裏には『どうすんの?』と言った禪院直哉の言葉が蘇ります。

真希は自分がどうしたかったのか分からなくなっていました。

なんで一緒に落ちぶれてくれなかったの?と交流戦の時に気持ちを吐露した真依。

それに対し、今頃になって真希は、それが自分たちの正解だったとと思うのです。

ごめんな、真依……

真希の脳裏には、幼いころの真依と自分が手を繋いで笑顔で走っている光景が浮かびます。

骸倶留隊vs真希

真希は真依の『全部壊して』という言葉を思い出します。

一斉に襲いかかってきた骸倶留隊を、目を開いた真希が一刀両断。

そのまま次々と襲いかかる隊員達を返り討ちにしていきます。

遅れてやってきた禪院信朗は、噸の間の光景を見て唖然としました。

全ての隊員を斬り伏せた真希に、信朗はびっくらポンだぜ……と呟きます。

『炳(へい)』登場!長寿郎の術式

真希と禪院信朗の戦いが始まるかと思いきや、真希は突然地面から現れた巨大な両腕に捕らえられます。

信朗はそれを見て、炳が到着したことと、それが長寿郎の術式であることを理解。

信朗が振り返った先には、長寿郎と禪院甚壱、そして蘭太の姿がありました。

炳とは

禪院家 最強の術師集団『炳(へい)』

高専資格条件で準1級以上の実力を認められた者で構成される、禪院家が誇る術師集団です。

禪院信朗&長寿郎vs真希

真希は、巨大な腕を難なく破壊して飛び出してきました。

そのまま長寿郎と戦闘を開始する真希。

禪院信朗もそこに加勢しましたが、全くダメージを感じる気配のない真希に姿に驚きます。

(こいつは本当にあの真希か!??)

そして突然刀から手を離した真希は、素手で長寿郎と信朗の喉を潰したのでした。

禪院甚壱&蘭太vs真希

突然、真希は巨大な「目」の出現により身動きが取れなくなります。

術式を発動したのは蘭太でした。

そのまま甚壱の名前を叫んだ蘭太に応えるように、甚壱が真希に向かって走り出します。

しかし真希は、蘭太の術式を物ともしません。

そのまま目を潰された蘭太を、甚壱が心配するように一瞬だけ振り返ります。

禪院家にとっての伏黒甚爾

蘭太は甚壱に大声で叫びました。

今の禪院家が在るのは甚爾さんの気まぐれであること。

真希が今、あの人と同じ境地に至ったこと。

だからこそ、今ここで殺さなければならないと叫ぶ蘭太です。

それを受けて、真希に渾身の術式で挑む甚壱。

無数の巨大な拳が真希に向かって降り注ぎました。

禪院甚壱死亡

目を潰され、血を流している蘭太が煙の向こうから歩いてくる人影に「やりましたね」と声を掛けます。

しかしそれは甚壱ではなく、甚壱の首を持った真希の姿でした。

真希は甚壱の首を庭の池に投げ捨てます。

『炳』筆頭・禪院直哉登場

そこで、ようやく現れたのは禪院直哉です。

『炳』の筆頭である直哉は、ひどいなぁと呟きながら真希を見据えました。

人の心とかないんか?と告げる直哉に、真依はあぁ、アイツが持ってっちまったからなと答えるのでした。

次回「呪術廻戦」151話に続きます。

呪術廻戦150話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

禪院真希が伏黒甚爾化する

精神世界の中で、真希は真依に全ての呪力を持って行かれましたね。

真希は呪力が少ない代わりに身体能力を向上させる天与呪縛の持ち主でした。

そしてその程度の天与呪縛の持ち主は何人もいると九十九由基が過去に明言しています。

その中で、呪力が完全にゼロの天与呪縛保持者は伏黒甚爾だけでした。

そして真希も呪力がゼロになったことにより、恐らくその能力は伏黒甚爾に寄っていくのでしょう。

Q.甚爾は「真希の完成形」と言われていましたが、真希も甚爾クラスのフィジカルを獲得できる可能性(方法)はありますか?
A.あります。真希の今後の課題は自分がどうしたらそこに近づけるかというところなので、真希は、一般人並みの呪力を強いフィジカルでいかに補うかっていう考え方でした。ですが甚爾を目の当たりにして、いかに何を捨てるかって考え方にシフトしていきます。

引用:「呪術廻戦」公式ファンブックQ&A

作者回答のQ&Aを見る限りでも、真希が目指す先は伏黒甚爾であることが予想されます。

いかに何を捨てるか。

前回で真希は呪力を完全に捨て去りましたので、次は呪霊を見る眼鏡(呪具)を捨てる可能性が高いです。

伏黒甚爾がそうであったように、呪具に頼らずとも五感で呪いを感知できるようになるのが真希の課題となるやもしれません。

禪院真依の〝構築術式〟とは

真希がその身に宿しているのは構築術式(こうちくじゅつしき)です。

術者の呪力を元に無から物質を構築する術式ですが、この術式の一番の特徴は一度精製された物質は術式終了後も消えないという点ですね。

しかし呪力消費が激しいため、体への負荷はかなり大きいです。

呪力次第で応用の効く術式ですが、そもそも禪院真依には呪力がそれほどありません。

結果として、真希のための武器を構築術式で作り上げた真依は命を落としました。

禪院真希vs禪院直哉と禪院甚壱

禪院扇を瞬殺した真希ですが、彼女はこれから真依の遺言を実行すると考えられます。

そのための障害となって立ちはだかるのは禪院直哉と禪院甚壱でしょう。

禪院扇は、伏黒甚爾の強さに内心恐怖を覚えていました。

前当主の弟である扇が恐れた伏黒甚爾という存在を考えれば、禪院甚壱の強さは甚爾以下でしょう。

真希が伏黒甚爾に近寄っていることを考えれば、禪院甚壱は真希の足下にも及ばないと考えられます。

そうでなくとも禪院扇を瞬殺した真希ですので、直哉と甚壱の両方を相手取っても勝利する可能性が高いですね。

禪院家が崩壊する?

真依は最期に、真希に『全部壊して』と告げて逝きました。

念押しをするように〝全部〟という単語を繰り返しましたが、これは恐らく禪院家の全てをという意味だと考えられます。

『禪院家に非ずんば呪術師に非ず 呪術師に非ずんば人に非ず』

真希と真依は幼少期から、禪院家内で酷い扱いをされていたとされています。

父親である禪院扇に出来損ないと殺されそうになったのが良い例ですね。

真希はそんな禪院家を内側からぶっ潰してやりたいと乙骨憂太に吐露していましたし、前々話では禪院家内で真依の居場所を作ってやりたいとも伏黒恵に言っていました。

真希と真依を苦しめていたのは禪院家の悪習です。

真希はそれらを壊すために、禪院家を崩壊に追い込むのではないでしょうか。

真希が禪院家の当主になる

真希が27代目当主の座を伏黒恵に頼んだのは、自分では妹・真依の居場所を禪院家内で作ってやれないと感じていたからです。

しかし真依は死亡。

当主になって守りたかったものを失った真希は、当主に固執する意味も、はてまた恵に当主を押し続ける理由もなくなりました。

真希に唯一遺ったのは禪院家をぶち壊すという行動理念だけ。

しかし禪院家と言えば御三家の一つですので、呪術界の仕組みを考えると家そのものが潰れることはまずないでしょう。

そこで考えられるのが、禪院真希が禪院家当主になる未来です。

今回、伏黒恵を始めとした真希と真依の暗殺を企てたのは禪院扇と禪院甚壱です。

そこに乗っかってきたのが禪院直哉でもありますが、現在の禪院家はこの3名が動かしているのでしょう。

そして恐らく、真希はこの3人を打ち倒すと予想されます。

伏黒恵が禪院家当主の座に拘らない以上、真希が禪院家当主を奪取する可能性はあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

呪術廻戦150話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

ここからは、「呪術廻戦」150話ネタバレ最新話に期待する読者の声を紹介していきます!

150話は文字通り「禪院家ぶっ壊そー」の回でしたね。

呪術廻戦0話にて、家のしがらみを乙骨憂太に吐露した禪院真希。

乙骨はその時に手伝うよと声を掛けてくれましたが、真希は自分一人でやるからこそ意味があると返していました。

そして本当に一人で全てを行った真希です。

そうすることで守りたかったものがあるはずなのに、失って初めて力を得た真希に哀しみを感じましたね。

呪術廻戦150話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、「呪術廻戦」150話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

「呪術廻戦」150話では、禪院真希が禪院家壊滅に動き出しました。

結果、禪院家の術師集団である骸倶留隊と炳と圧倒。

禪院甚壱も真希の手によって殺害される結果となります。

伏黒甚爾の天与呪縛の境地に至ったとされる真希を恐れる禪院家ですが、そんな彼女の前に立ちはだかるのは禪院直哉でした。

次回は真希と直哉の一騎打ちになると予想されます。

以上、漫画「呪術廻戦」150話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


4 × four =

目次
閉じる