MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
動画配信サービスおすすめ

呪術廻戦151話ネタバレ最新話確定と考察!直哉敗北!真希の圧勝で禪院家終了

2021年6月7日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」151話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回は、覚醒した真希と禪院家が激突。

禪院家最強の術師集団『炳』が出てくるも、禪院扇に続いて禪院甚壱も真希に殺されました。

最後に出てきたのは『炳』筆頭の禪院直哉ですが、今回は真希と直哉の一騎打ちが予想されます。

そんな「呪術廻戦」151話のネタバレ最新確定情報を、さっそく考察予想と共にお届けしていきましょう!(^▽^)/

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

▼まんが王国なら呪術廻戦が安い▼

目次
スポンサーリンク

呪術廻戦151話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」151話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、お届けします。

天才と落ちこぼれ

直哉は幼い頃から〝天才〟だと持て囃されていました。

直毘人の次の当主は直哉だと皆が言っていたことを、直哉は真希と対峙しながら思い出します。

そしてその頃から、禪院家には落ちこぼれがいるとずっと聞かされていました。

直哉が見た禪院甚爾

男のくせに呪力が1ミリもない。

どんなショボくれた人なのか。

どんな惨めな顔してるのか。

幼い直哉は一目見てやろうと、笑顔で廊下を走っていました。

しかし当の本人である禪院甚爾を見た途端、その表情が一瞬で固まります。

甚爾は冷たく暗い目を見て、直哉は身体が動きませんでした。

真希vs甚爾

直哉は次々と真希に向かって手を繰り出します。

しかし真希は冷静に対処しながら、何かの数字を数えていました。

次の瞬間、直哉に腕を捕まれた真希が動画の1コマにされてしまいます。

直後に直哉は真希の腹に跳び蹴りを加え、2人は岩を砕きながら吹き飛んでいきました。

甚爾に憧れていた直哉

直哉は攻撃の手を止めず、真希を地面へと叩き付けます。

そんな直哉の心を占める叫び。

(オマエは甚爾君やない!)

直哉は甚爾と同じ扱いをされている真希が許せませんでした。

直哉は雑魚の罪は強さを知らないことだと心の中で思います。

直哉の思う最強

直哉は誰も甚爾を理解しなかったことに憤っていました。

悟君を除いて……と思う直哉の脳裏に、伏黒甚爾と五条悟の後ろ姿が蘇ります。

直哉は真希を吹き飛ばしながら、もう一度強く(オマエやない!)と思うのです。

(アッチ側に立つんは俺や!!)

直哉は真希の手を冷静に読みながら、彼女の顔面に強烈な一撃を食らわせるのでした。

直哉の投射呪法

投射呪法は過度に物理法則や軌道を無視した動きは作れません。

同じく速度も術式発動時の加速度には上限があり、逆に絶えず術式を重ねれば重ねる程、出せる速度も上がっていきます。

直哉の脳裏には脹相との戦いが蘇っていました。

あの時のようなヘマはしないと、重さと速さを駆使しながら真希に向かっていきました。

真希の鋼の身体

真希は直哉との戦闘が自分に不利であることを悟ります。

両足を地面に踏ん張り、パンっと手を鳴らす真希。

その構えは不知火型(しらぬいがた)。

真希は真依の命と引き替えに、呪力から脱却した鋼の肉体を手に入れています。

そうして向かってきた直哉に対し「抱いてやるよ」と腕を広げるのでした。

直哉のトップスピード

直哉と真希がぶつかり合うその瞬間、直哉は真希の腕をかいくぐって左腕に触ります。

投射呪法発動中の手の平に触れたモノも、1/24で動きを作らねばなりません。

失敗すれは1秒のフリーズが己を襲い、真希も見事に動きを止めてしまいました。

しかし直哉は依然最高スピードを維持したままです。

偽物

直哉は真希の狙いを見定めていました。

アバラが砕けてでも自分の攻撃を受け止めて動きを止めるつもりだったのだろうと思います。

まさにみえみえの誘い。

そんな手段しか取れない真希を、直哉はやはり偽物だと断言します。

真希の勝利

しかしその瞬間飛んできたのは真希の拳でした。

真希がずっと数えていたのは投射呪法の法則です。

1秒に24回刻む動き。

直毘人も直哉も速いだけではない、その違和感に、真希はこの身体になってようやく気付けたと語るのでした。

禪院家崩壊

この偽物――直哉の言葉は最後まで音になりませんでした。

地に伏した直哉に、真希は「悪い、もう一回言ってくれ」と吐き捨てるのです。

次回「呪術廻戦」152話に続きます。

呪術廻戦151話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

真希vs禪院直哉

前回、禪院甚壱に圧勝した真希。

満を持して『炳』筆頭の禪院直哉が登場し、恐らく二人の激突が描かれると思われます。

しかし真希の圧倒的な力を見る限り、真希vs直哉は真希の圧勝で終わることが予想されます。

直哉死亡で禪院家は完全崩壊か

禪院扇、禪院甚壱、禪院直哉の敗北及び死亡により、禪院家の完全崩壊は免れません。

真依の遺言でもある『全部壊して』を真希が完全に遂行した形となり、恐らくは御三家としても活動は無理でしょう。

歴史ある呪術師の家系が、自らの理念を押し通した結果の崩壊。

力を力を認められなかった、術式至上主義の終わりとも言えますね。

禪院家に生き残りはいない?

真希に敵意を向けた者たちは総じて敗れましたが、果たして真希の『全部壊す』はどこまで実行されるのでしょう?

禪院家のトップとも言える人間を軒並み殺害してしまった真希ですが、彼女はこのまま禪院家の血筋を根絶やしにする可能性もあります。

最終的には自らの命さえも軽んじてしまいそうですが、どこかで真希が止まってくれるのを望むばかりですね。

今の真希では、禪院家の人間を皆殺しにして家に火を付けていきそうな勢いです。

真希は上層部から処刑対象者にされる?

禪院家内の揉め事とはいえ、真希は才能在る呪術師を幾人も手に掛けてしまっています。

対呪霊であるはずの呪術師同士が殺し合うという展開に、圧勝してしまったのが禪院真希です。

恐らく真希は、呪術界から呪術師という立場を追われることになるでしょう。

呪術師殺しという、奇しくも伏黒甚爾と同じ異名を付けられてしまうことは間違い在りません。

そうなった時に、真希は上層部から処刑対象者の一人としてその名を連ねるのではないでしょうか。

真希の死刑執行人に伏黒恵が任命か

真希が処刑対象者となった場合、現在の禪院家当主である伏黒恵が死刑執行人に任命される可能性は大いにあります。

現在、伏黒恵は虎杖と秤金次の元へ出向いていますが、真希の所行が伝わるのも時間の問題でしょう。

死滅回游前に真希の行いは明らかになると思いますが、伏黒恵は恐らく五条悟の復活を優先すると思われます。

最早事態は羂索と死滅回游による世界改変だけでなく、それが終わった後の呪術界にも影響が及んでいます。

真希の共犯者として伏黒恵も追われるか

もしくは、禪院家当主である伏黒恵が真希をそそのかしたとして一緒に追われる可能性もあります。

伏黒恵は五条悟に特別目を掛けられていた人物であり、また現在も五条悟復活に動いています。

二、五条悟を渋谷事変共同正犯とし呪術界から永久追放、かつ封印を解く行為も罪とする

引用:「呪術廻戦」137話より

伏黒恵は上層部に逆らって動いているので、既に目を付けられている可能性もありますね。

真希の処刑に京都高専の生徒が選ばれる?

現在、禪院家を崩壊に追い込んでいる真希ですが、一番始めの被害者は禪院真依です。

真希が現在の状況になっている理由が真依の死ですが、外部の人間に詳しい事情が分かるはずもありません。

そのため、禪院真依の死も真希に押し付けられる可能性は十分にあります。

京都高専の生徒にとって、禪院真依は大事な仲間。

それを真希が殺したと誤情報を流されたのなら、動いてくる可能性があります。

上層部(保守派)は加茂家と仲が良い

もし京都高専のメンバーが動いてくるとしたら、その筆頭にあげられるのは加茂家でしょう。

禪院家と同じ御三家である加茂家ならば、禪院家のお家事情に足を踏み入れることも容易いと思われます。

加えて禪院家現当主である伏黒恵も処刑対象になるならば、加茂家次期当主である加茂憲紀が宛がわれる可能性は十分にあります。

また、保守派の多い上層部は加茂家と仲が良いと公式ファンブックにて作者が明言しており、加茂憲紀が良いように利用されることも考えられますね。

スポンサーリンク

呪術廻戦151話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

ここからは、「呪術廻戦」151話ネタバレ最新話に期待する読者の声を紹介していきます!

やはり真希と直哉の戦いを期待する声が大きいですね。

禪院直哉の生死を気にするファンも多い模様です。

呪術廻戦151話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、「呪術廻戦」151話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

「呪術廻戦」151話では、真希と直哉が激突!

しかし圧倒的な真希の力の前に、禪院直哉は倒れました。

禪院家お抱えの呪術師が全滅したことにより、禪院家は崩壊。

今後の真希が呪術師としてどうなってしまうのかが気になりますね。

以上、漫画「呪術廻戦」151話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


two × 1 =

目次
閉じる