MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
Amebaマンガで100冊半額キャンペーン今すぐ確認

呪術廻戦153話ネタバレ最新話確定と考察!秤金次登場!パンダも合流で新章開始

2021年8月2日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」153話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回は、禪院真希が禪院家を完全に壊滅させました。

禪院家に生き残りは無く、真希のその後も分かっていません。

約2ヶ月ぶりの連載再開になる「呪術廻戦」153話のネタバレ最新確定情報を、さっそく考察予想と共にお届けしていきましょう!(^▽^)/

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

開催中のキャンペーン情報まとめ
  1. Amebaマンガ100冊半額クーポン
  2. コミック.jp1,350円無料
  3. まんが王国初回最大60%還元
  4. ebookjapan最大3,000円引き

\ 登録1クリック /

\ 即マンガ無料 /

ほかキャンペーン情報

目次
メスネコ淫戯

呪術廻戦153話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」153話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、さっそくお届けしていきます。

秤金次の賭け試合

秤金次は現在、栃木県の立体駐車場跡地で賭け試合の胴元をして金を稼いでいることが明かされます。

非術師を客とした術師同士の殴り合いをしていると天元は言い、伏黒は呪術規定8条に抵触していると呟きます。

賭け試合の参加者の中には呪詛師もいるらしく、虎杖と伏黒は用心して行くよう告げられるのでした。

秤金次はろくでなし

秤金次が賭け試合を行っている場所に辿り着いた虎杖と伏黒は、制服を脱ぎながら私服に着替えます。

秤金次は上層部とモメて停学をくらった人物です。

呪術規定も現在進行形で破っている以上、高専関係者とバレたら逃げられるかもしれないと言う伏黒。

虎杖は彼に、自分たちは今高専側なのかと尋ねました。

伏黒は、立場はグレーだが秤金次から見ればクロだと説明します。

そもそも秤金次という人物が協力してくれるかどうかも不透明でした。

やっていることがやっていることであり、先輩たちはみんな秤金次をろくでなしと言います。

しかし乙骨が自分より強いと言っている以上、戦力として絶対欲しいと伏黒は思っていました。

秤金次の賭け試合に参加

虎杖と伏黒が駐車場のゲートを潜ると、そこには二人の男がいました。

ガタイのいい男に「帰れガキんちょ、ここは溜まり場には向かない」と告げられますが、虎杖と伏黒は引きません。

伏黒はここでやっている賭け試合に参加させてくれといいました。

するとガタイのいい男の右ストレートが伏黒の顔面ギリギリのところで止まり、突然賭け試合のルールを喋り始めます。

秤金次に目を付けられたのは虎杖

賭け試合について口にしてはならない。

そのルールがある以上この賭け試合が外に漏れることはありませんが、虎杖と伏黒が情報を得てここに来ていたことに男は憤ります。

しかしそこは伏黒の機転により誤魔化すことができ、またその場をどこかで見ていたらしい秤金次が『賭け試合に出るのは虎杖』という条件付きで許可してくれるのでした。

伏黒の狙い

二人きりになった虎杖と伏黒は今後の計画を立てます。

防犯カメラで自分たちを見ていたということは、高確率で賭け試合の中に秤金次はいると推察。

伏黒は虎杖に対し、試合に出場して内側から探りを入れて欲しいと言いました。

伏黒はその間に賭け試合に潜入……するかもと曖昧なことを呟きます。

秤金次が虎杖を指名した理由は、伏黒の存在を泳がすためです。

自分の潜入がバレた時点で、虎杖への信用も0からマイナスになるだろうと予想。

伏黒たちはあくまで秤金次に協力をお願いしに来ている立場です。

今後の関係に響く事態は避けたいと、伏黒は慎重になっているのでした。

賭け試合のルール

虎杖はベンチに座って出番を待つ間、賭け試合のルールを聞きます。

ルールは簡単に二つ。

『逃げるな』『術式は使うな』でした。

客のほとんどが非術師であるため、見えない勝負をされても盛り上がらないとガタイのいい男は言います。

虎杖は胴元(秤金次)はどんな人かと尋ねました。

男は試合には二種類あると言います。

今日虎杖が出るような〝脚本なし(ガチンコ)〟と、〝脚本あり(八百長)〟

脚本を書くのは秤金次であり、そこでうまくアピールできたら会えるかもしれないと告げるのでした。

虎杖の相手はパンダ!

試合会場へ通された虎杖は対戦相手を見て驚愕します。

ノリノリの実況と共にリング上の選手が紹介。

虎杖の相手はまさかのパンダ先輩でした。

秤金次登場

試合の様子を別の部屋で見つめているのは秤金次です。

秤金次は初めから勝ちが見えている賭けはつまらないと呟きました。

野良術師でパンダに勝てる骨太なんてそういない。

そう呟く秤金次の隣で、同じくモニターを見ていた女がそうでもないみたいと告げました。

そこにはパンダと激しい乱打戦を繰り広げる虎杖の姿があります。

パンダは秤金次を探してきた

激しい戦闘を繰り広げながら、虎杖とパンダはこそこそと会話をしていました。

パンダは秤金次と旧知であるため、警戒こそされていませんが高専生ということもあり避けられている様子。

あとはもう一人の三年の術式が問題らしく、パンダは秤金次に近付くことができていません。

そのため、パンダは伏黒と同じく虎杖を秤金次に近づける作戦に出ようとしました。

後は分かるな?と告げて、パンダはわざと虎杖に敗北します。

高専3年星綺羅羅(ほしきらら)も登場!

秤金次は虎杖の動きにいい脚本が描けそうだと呟きます。

秤金次の隣に座っていたのは、同じく高専3年の星綺羅羅(ほしきらら)でした。

伏黒は引き続き警戒するように告げて、秤金次は虎杖に興味津々。

彼はいい感じにザワつくぜと呟きます。

「こんなにザワつくのは、元カノがリボ払いしまくってた時以来だ」

それに対し、星綺羅羅は元カノの話やめてと口を尖らせるのでした。

呪術廻戦の最新巻を安く読む方法

いまAmebaマンガ では、無料会員登録特典に爆弾キャンペーンを実施中!

なんと初回限定で、お好きな漫画100冊まで使える最大半額クーポンがついてきます!

このクーポンを使えば、長期連載されている人気漫画もほとんど全巻半額で購入OK!

knight

全巻お得に制覇できるから、最新展開まで一気に読めて本誌にもすぐに追いつけるよ!

さらにLINE登録をすると、全品10%OFFクーポンが毎週もらえる特典までついてくるから驚きですよね!

ほかにも初購入者or半年以上未購入者を対象に、月額プランの基本コインが全額返還(翌月継続時)されるサービスも開催中!

このサービスを利用すれば実質ゼロ円になるため、利用しないほうが損です!

とはいえ、このキャンペーンはいつまで開催されているか分かりません…。

ぜひAmebaマンガの初回特典を賢く利用して、お得に楽しんでください!

\ まずはクーポンだけもらう /

呪術廻戦153話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

禪院真希の鏖殺行為は今後にどう影響する?

禪院家内の揉め事とはいえ、大勢の人間を殺してしまった真希です。

彼女が今後呪術師を名乗ることは難しく、真依のこともあって真希の未来に一気に陰りが出てきました。

真希は今後、呪詛師として上層部から追われることになりそうですね。

特に夜蛾正道を追っていた部隊が禪院家の骸倶留隊(くくるたい)だったことも判明していますので、禪院家も上層部の監視下にあると言っていいでしょう。

真希の死刑執行人に伏黒恵が任命か

真希が処刑対象者となった場合、現在の禪院家当主である伏黒恵が死刑執行人に任命される可能性は大いにあります。

現在、伏黒恵は虎杖と秤金次の元へ出向いていますが、真希の所行が伝わるのも時間の問題でしょう。

死滅回游前に真希の行いは明らかになると思いますが、伏黒恵は恐らく五条悟の復活を優先すると思われます。

最早事態は羂索と死滅回游による世界改変だけでなく、それが終わった後の呪術界にも影響が及んでいます。

真希の共犯者として伏黒恵も追われるか

もしくは、禪院家当主である伏黒恵が真希をそそのかしたとして一緒に追われる可能性もあります。

伏黒恵は五条悟に特別目を掛けられていた人物であり、また現在も五条悟復活に動いています。

二、五条悟を渋谷事変共同正犯とし呪術界から永久追放、かつ封印を解く行為も罪とする

引用:「呪術廻戦」137話より

伏黒恵は上層部に逆らって動いているので、既に目を付けられている可能性もありますね。

真希の処刑に京都高専の生徒が選ばれる?

現在、禪院家を崩壊に追い込んでいる真希ですが、一番始めの被害者は禪院真依です。

真希が現在の状況になっている理由が真依の死ですが、外部の人間に詳しい事情が分かるはずもありません。

そのため、禪院真依の死も真希に押し付けられる可能性は十分にあります。

京都高専の生徒にとって、禪院真依は大事な仲間。

西宮桃はその真相を理解していますが、命令を下すのが上層部であることを考えると逆らえない可能性もありますね。

上層部(保守派)は加茂家と仲が良い

もし京都高専のメンバーが動いてくるとしたら、その筆頭にあげられるのは加茂家でしょう。

禪院家と同じ御三家である加茂家ならば、禪院家のお家事情に足を踏み入れることも容易いと思われます。

加えて禪院家現当主である伏黒恵も処刑対象になるならば、加茂家次期当主である加茂憲紀が宛がわれる可能性は十分にあります。

また、保守派の多い上層部は加茂家と仲が良いと公式ファンブックにて作者が明言しており、加茂憲紀が良いように利用されることも考えられますね。

乙骨憂太は既に死滅回遊参戦中?

一足先に死滅回游に参戦した乙骨ですが、実際に結界(コロニー)に入った所が描かれるかもしれませんね。

伏黒津美紀の参加を危惧して少し離れた結界(コロニー)に参加すると言っていましたが、情報収集は順調でしょうか?

禪院家の話が続いていましたので、ここで一度死滅回游にスポットを当て直す可能性があります。

釘崎野薔薇が復活か!

禪院家の問題がひとまず終結したところで、物語のスポットは秤金次に会いにいく虎杖と伏黒に当てられるでしょう。

現在二人で行動していると思われる虎杖と伏黒ですが、彼等はまっすぐ秤金次に会いに行くでしょうか?

もちろんその可能性もありますが、ここでは釘崎野薔薇の復活を予想!

一度死んだふりをした虎杖です。

そんな彼に、同じような仕返しをしたいと伏黒と野薔薇は考えているかもしれません。

秤金次の登場

秤金次の登場も同じく予想されます!

死滅回游平定に向けて戦力を集めたい虎杖と伏黒。

高専3年生は秤金次だけなのでしょうか?

もしそうならば、彼が参加することにより高専メンバーは棘を除いた全員が参加することになりそうですね。

呪術廻戦153話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

ここからは、「呪術廻戦」153話ネタバレ最新話に期待する読者の声を紹介していきます!

スポンサーリンク

呪術廻戦153話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、「呪術廻戦」153話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

「呪術廻戦」153話では、虎杖と伏黒が秤金次の元へ向かいます。

秤金次は賭け試合で金儲けをしており、そこには高専3年の星綺羅羅(ほしきらら)の存在もありました。

パンダとも合流しながら、虎杖と伏黒は彼等を仲間にできるのでしょうか?

以上、漫画「呪術廻戦」153話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

Conect

コメント

コメントする

CAPTCHA


three × 3 =

目次
閉じる