MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
動画配信サービスおすすめ

夏油傑が五条袈裟を着ていると判明!親友の五条悟との深い関係を考察

2021年3月19日(金)に満道コバヤシにて「呪術廻戦」の作者・芥見下々先生との未公開トークが配信されました。

そこで確定したのが、夏油傑が高専離反後に着ていた衣装!

あれは『五条袈裟』と名前のついた袈裟だそうです。

▼まんが王国なら呪術廻戦が安い▼

目次
スポンサーリンク

夏油傑の着ている五条袈裟とは

三衣(さんえ)の一つ。僧侶の衣服である袈裟の一種。五条の布を縫い合わせて作った袈裟。
インドでは、作業や就寝の際に用いたが、日本では形式化されて僧衣となった。
五条の法衣。五条衣。五条。五条袈裟。

出典:精選版 日本国語大辞典

夏油が『五条袈裟』を着る理由は?五条悟が関係か

五条悟と夏油傑は、高専時代を共に過ごした親友です。

「二人で最強」がお互いの共通認識でしたが、夏油が呪術師としての生き方に疑問を持ち、呪術界から離反したことによって二人の関係は終わります。

しかし、終わってもなお、互いに影響を残している五条と夏油。

それは離別して10年が経とうとも不滅な関係でした。

夏油は『五条袈裟』を着ることで五条悟になりたかった

夏油傑は高専離反後、袈裟姿で呪詛師の活動を行っています。

本人は〝ハッタリ〟と言っていましたが、そこで『五条袈裟』を選択した所に色んな想いが読み取れますね。

「二人で最強」だったはずなのに、「一人でも最強」になってしまった五条悟になりたかった、もしくは近づきたかったのかもしれません。

もし私が君になれるのなら、この馬鹿げた理想も地に足が着くとは思わないか?

これは夏油傑が五条悟と決別する際に、彼に告げた言葉です。

この言葉から察するに、夏油はやはり五条になりたかったのでしょう。

最強である五条悟なら作れる世界――それを夢見て、自己肯定のために『五条袈裟』を纏ったと考えられます。

スポンサーリンク

夏油は死ぬ前に『五条袈裟』を脱いだ

10年以上もの間、『五条袈裟』を纏い続けた夏油ですが、彼は最期にようやくそれを脱ぐことになります。

恐らくこれは、夏油が五条にはなれなかったことを示しているのでしょう。

それに加えて、10年ぶりに再開した五条悟を前に、本来の夏油傑に戻れたとも考えられます。

『五条袈裟』に関する読者の反応まとめ

コメント

コメントする

CAPTCHA


8 + 5 =

目次
閉じる