MENU
カテゴリー

呪術廻戦144話ネタバレ最新話確定!真希生存確定!釘崎野薔薇は死亡確定か

2021年3月29日(月)に発売予定の週刊少年ジャンプ「呪術廻戦」144話ネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回は、乙骨が虎杖の味方だと判明したり、虎杖の両親が登場したり、さらには加茂憲倫によるゲームが始まったり、衝撃展開の連発でした。

また、これまで登場していなかった伏黒恵も現れ、ようやく物語が大きく動いたように感じます。

来週以降は伏黒が虎杖と共にゲームに参加すると思われますが、果たして津美紀を助けることはできるのでしょうか?

そんな呪術廻戦144話のネタバレ最新確定情報を、さっそく考察予想と共にお届けしていきましょう!(^▽^)/

前回の内容を忘れてしまった人や、次回の考察が気になる人は、下記より詳細をご覧ください。

←前回今回次回→
143話144話145話
目次
スポンサーリンク

呪術廻戦144話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「呪術廻戦」144話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、さっそく内容を紹介していきたいと思います!

虎杖から乙骨へのお願い

伏黒の姉・津美紀が死滅回游に巻き込まれたと知った虎杖。

祖父からの「人を助けろ」の一言を思い出し、その場で考え込みます。

しかし、すぐに覚悟を決め、乙骨にあることを頼んだのです。

「宿儺が伏黒を利用して、何かしようと企んでいる」

「宿儺に体を乗っ取られたのは、おそらく一度に指を10本も取り込んだからだ」

「今、体の中には指が15本」

「残り5本の指を取り込んでも体を乗っ取られることはないはず」

「でも、もし宿儺に意識を撮られることがあれば、迷わず俺を殺してほしい」

なんと、虎杖は宿儺が出てきたら問答無用で自分を殺してほしいと頼んだのです。

乙骨で宿儺であっても殺すことが出来るだろうと踏んだ虎杖。

これに対し乙骨は、無表情で虎杖の頼みを受け入れるのでした。

高専にいる九十九と合流する

乙骨に返事を聞き、伏黒に何をすべきか尋ねる虎杖。

伏黒は、まずは高専に戻り、天元様に接触するといいます。

死滅回游という呪術テロを収束させるため、獄門疆の封印を解く方法と、加茂憲倫の目的や計画について助言を仰ぐとのこと。

虎杖は、九十九なら答えを知っているのではといいますが、そもそも天元との接触は九十九の案。

実は、九十九は上層部と関わるのを避け、高専に潜入しているといいます。

天元様のいる場所へ

天元様と接触するとして、大きな問題が…。

それは、どうやって天元様と接触するか。

乙骨曰く、天元様のいる薨星宮に行くには、絶えず配置が変わる1000以上の扉のうち、たった一つだけが天元様のいる薨星宮に繋がっているとのこと。

つまり、その扉を引き当てないことには、天元様にあうことはできないのです。

釘崎野薔薇は死亡確定か

その時、虎杖があることを伏黒に尋ねました。

あることとは、釘崎の安否です。

真人の無為転変を受け、その場に倒れた釘崎。

新田新が処置をしたものの、虎杖はその安否が気になっていたのでしょう。

しかし、伏黒は何も言わず黙ったまま。

全てを悟った虎杖は左手を握りしめ、釘崎を失った悲しみを実感するのでした。

そんな中、突然、伏黒の横から脹相が現れました。

なんと、天元様の結界は、自分の術式で何とかなるかもしれないというのです。

以前、真人が高専した方法と同じことをするという脹相。

その方法とは一体?

禪院真希は生存確定!

高専へ戻り、一行は九十九由基、真希と合流。

真希はショートカットになり、顔には大きなやけどの跡が…。

九十九曰く、反転術式でもやけどの跡は残ってしまったとのこと。

しかし、天与呪縛で肉体が強化されていたため、最悪の事態は避けられたといいます。

同じ攻撃で直毘人は死亡しましたが、呪いへの耐性ではなく、単なる肉体の強度の違いが明暗を分けたようです。

脹相の術式で天元様へ近づく

話は本題に戻り、どうやって天元様に近づくか話し合う6人。

ここで脹相がその方法を語りだします。

扉から薨星宮に向かう途中に、高専が管理する忌庫という場所が存在します。

その中には呪物や呪具が保管されており、脹相の弟たち、つまり、残りの呪胎九相図も保管されています。

その気配をたどれば、天元へ近づくことが出来るという脹相。

九十九もこの案にはGOサインを出しますが、ここで真希からある質問が…。

「こいつは誰だ?」

そう言った途端、皆の視線が脹相に集まりました。

沈黙を破るように、自分の兄だと説明する虎杖。

初めて虎杖に認められ歓喜する脹相ですが、虎杖は脹相を無視し、皆に先を進むよう促します。

呪胎九相図が保管される忌庫登場

気配をたどり、呪胎九相図がいるであろう扉を指さす脹相。

虎杖が扉を開けると、そこは枯れ木が生える森が広がっていました。

しかし、薨星宮があるのはこの先。

九十九は、薨星宮に続く昇降機があると告げ、皆に奥へ進むよう指示します。

その時、脹相がある倉庫の前で立ち止まりました。

恐らくここに呪胎九相図が保管されているのでしょう。

脹相は扉に手を当て、「あとで迎えに来る」と告げて先を進みます。

全知の術師登場

到着した場所で、血痕に気付く虎杖。

九十九に何があったのか尋ねると、11年前に起きたことだと教えてくれました。

「すべての歪みは、あの時から始まったのかもしれない」

そう語る九十九の脳裏には、伏黒の父・甚爾の姿が思い浮かぶのでした。

トンネルを抜け、ようやく本殿に到着した6人。

しかし、そこには真っ白な空間が広がっていました。

九十九曰く、これは天元様が自分たちの訪れを拒否している証拠。

基本的に現のことには干渉しない天元様。

九十九は、六眼が封印された今なら接触できると考えていましたが、その考えは甘かったようです。

さらに、6人全員が拒まれているのではなく、自分だけが拒まれているのではと考える九十九。

乙骨が戻ることを提案したその時、背後から何者かが声をかけてきました。

全身を白の布で覆ったその人物は全知の術師とのことですが…!?

スポンサーリンク

呪術廻戦144話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

釘崎野薔薇と狗巻棘の安否が判明?

一度高専に戻り、先輩たちと合流しようという伏黒。

はじめはこの提案をはねのけた虎杖ですが、伏黒から助けを求められては断れませんよね。

なので、とりあえず伏黒と一緒に高専に戻るでしょう。

となると、ようやく釘崎野薔薇や狗巻棘の安否が語られると思います。

一応、釘崎は死にたてホヤホヤ、狗巻は片腕を失ったことは判明していますよね。

ただ、芥見下々先生がわざわざ「釘崎は死にたてホヤホヤ。ここからどうなるのか…」と言及したのが気になります。

新田新の処置も受けていますし、家入の反転術式で死亡は回避したのではないでしょうか?

欠損は治せないと思うので、釘崎は隻眼のまま登場しそうですね。

また、狗巻の片腕は、本当に宿儺によるものかも明らかになってほしいです。

術式剥奪=死亡?

「参加者は術式覚醒後、19日以内に死滅回游への参加を宣言する」

「この1つ目のルールに違反した者からは術式を剥奪する」

この術式の剥奪ですが、ただ単に「術式を奪ったら今までの生活に戻れるよ」という意味でないことは分かりますよね。

恐らく術式の剥奪=死亡ということではないでしょうか?

偽夏油(加茂憲倫)は呪霊操術を使うため、極ノ番うずまきを使用すれば、呪霊の術式を抽出することができます。

しかし、今回のプレーヤーは呪術師。

つまり、すべて人間なんですよね。

無為転変で人間を呪霊に作り替えれば、極ノ番うずまきで術式を抽出できるのでは?と思いましたが、さすがの無為転変も人間を呪霊に作り替えることはできないでしょう。

しかし、あの偽夏油(加茂憲倫)が術式をただ剥奪するとは思えません。

呪力への理解を深めるとともに、術式の抽出も行うのではないでしょうか?

追加ルールがカギとなる?

死滅回游では、100ポイント使用でルールを追加することができます。

この追加ルールが、死滅回遊から生還するカギとなるのは確実でしょう。

ただ、どんなルールを追加するのか…。

また、ルール追加のための100ポイントを、どのように稼ぐのかも問題になってきます。

現時点でだれがこのゲームに参加するのか決まっていませんが、伏黒恵、虎杖悠仁、伏黒津美紀の3人が参加するのは決定済み。

伏黒が「一度高専に戻る」と言っていたので、もしかしたらほかの呪術師も参加するかもしれません。

どんなルールを追加するのか、参加者は誰なのか、ポイントの稼ぎ方はどうするのかが需要となりそうですね。

加茂憲倫が虎杖の母親?

143話で登場した、額に縫い目のある女性。

この女性が虎杖の母親で間違いないでしょう。

かなりややこしいですが、虎杖の母の肉体を加茂憲倫が乗っ取っていたということでしょうか?

ただ、虎杖の父・仁と、虎杖の母・香織の間には子供ができなかったといいます。

つまり、今回登場した女性は、祖父のいう「香織」とはまた別の存在なのではないでしょう。

祖父は香織が死んだことを知っていますし、もし加茂憲倫が死んだ香織の肉体を乗っ取っても、仁との間に子供をもうけられるとは思えません。

なので、加茂憲倫は香織の肉体を乗っ取ったのではなく、別の女性の肉体で仁に近づいたのではないでしょうか?

加茂憲倫が脹相の母の肉体を利用?

この考察はかなりの妄想になるのですが、加茂憲倫が呪霊を孕む特異体質の女、つまり、脹相の母の肉体で仁に近づいていたら面白いと思いました。

もともと仁と香織の間には子供ができなかったといいます。

子供を欲し、原因は不明ですが子供をもうけられなかった仁。

そんな仁の前に、一人で子供を孕むことができる女性が近づいてきたら…。

7巻で、特異体質の女は覚えのない妊娠をしたと明記されています。

かなりの妄想になりますが、加茂憲倫は脹相の母の肉体をしかるべき年代まで保存。

全ての準備が整ったところで、子供を望んでも設けられない人間の前に現れた。

もしそうだとしたら、脹相と虎杖の間に血のつながりがあることも説明できますし、面白い展開になるんじゃないかと思いました(^^;)

スポンサーリンク

呪術廻戦144話ネタバレ最新話に対する読者の声は?

ここからは、呪術廻戦144話ネタバレ最新話に期待する読者の声を紹介していきます!

ツイッターでは、全知の術師の登場に衝撃を受ける声が多くみられました。

しかし、全知の術師が天元様とは書かれていないので、全知の術師=天元様とする意見に疑問を抱く声も多かったです。

また、真希が登場したものの、大きなやけどの跡や片目に包帯が巻かれている姿はとても痛々しく感じました。

高専に戻ったものの、狗巻やパンダの状況は語られず…。

唯一、釘崎の死亡を裏付ける描写がありましたが、野薔薇の花言葉通り、痛手から復活して華麗に再登場すると信じています(^^)!

スポンサーリンク

呪術廻戦144話ネタバレ最新確定まとめ

今回は、呪術廻戦144話のネタバレ最新確定情報を、考察予想とともに紹介しました!

呪術廻戦144話では、おそらく虎杖と伏黒が死滅回游に参加するため、何かしらの策を講じるのではないかと思います!

できればこのまま高専に戻り、パンダたちと合流、もしくは釘崎や狗巻がどうなったのかを明らかにしてほしいですね。

また、虎杖の両親について書かれましたが、香織と額に縫い目のある女性は同一人物なのでしょうか?

個人的には、香織と縫い目のある女性は別人で、縫い目の女性は脹相の母の肉体を乗っ取った加茂憲倫だったら面白いなと妄想しています(^^;)

以上、漫画「呪術廻戦」144話ネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

★他の人はこちらも検索

記事が見つかりませんでした。

コメント

コメントする

CAPTCHA


five × four =

目次
閉じる