MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
Amebaマンガで漫画100冊半額キャンペーン!今すぐ確認

呪術廻戦の来栖華(くるすはな)は敵か味方か?天使の正体や術式と五条が六眼を失う可能性について徹底考察

「呪術廻戦」145話にて、待ち望んだ五条悟復活の方法が明かされました。

その鍵を担う人物こそが、自ら『天使』を名乗る来栖 華(くるす はな)という術師です。

現在、その名前と術式しか情報が明らかになっていない彼女ですが、五条悟復活を望む読者としては、彼女が敵なのか味方なのか気になりますね。

そこで今回は、来栖華が敵なのか味方なのか。

その正体や術式を考察した上で、五条悟が六眼を失う可能性について徹底考察していきたいと思います。

Amebaマンガは初回特典が超~豪華!

  1. 無料会員登録
  2. 100冊半額クーポンがもらえる!
  3. 本誌配信あり
  4. 最新話が追いかけやすい!

※会員登録特典のポイント、半額クーポンは予告なく変更・終了する場合がございます。

\ Amebaマンガなら100冊半額 /

>>呪術廻戦の漫画全巻無料で読める方法やアプリはある?安い電子書籍の最安値クーポンをまとめて紹介

>>呪術廻戦アニメ無料動画見逃し配信を公式サイトで1話~全話フル視聴する方法まとめ

目次
スポンサーリンク

【呪術廻戦】天使こと来栖華(くるすはな)とは?

天使こと来栖華(くるすはな)とは、「呪術廻戦」145話にて登場した死滅回游泳者です。

その存在を示唆したのは天元様であり、彼は来栖華を『五条悟復活の鍵』として挙げています。

現在分かっていることは、以下の3つ。

  • 自ら『天使』を名乗っている
  • 千年前の術師である
  • 術式:名称不明『あらゆる術式を消滅させることができる』

容姿は名前の通り女性であり、天使の羽が生え左手にはラッパを持っています。

天使・来栖華(くるすはな)は敵か味方か

五条悟復活の鍵となる彼女ですが、天使こと来栖華は敵だと予想されます。

彼女の持つ術式と死滅回游との関係性。

また、来栖華の正体や羂索との関わりから味方である可能性は薄そうです。

その理由を以下から考察していきましょう。

スポンサーリンク

天使・来栖華(くるすはな)の正体は菅原道真と五条家に関する一族か

千年前に存在し、呪物になるほど強い力を秘めていたと思われる来栖華。

千年前における彼女の正体は一体誰なのでしょうか?

一番有力なのは五条家の血筋であると考えられます。

五条家は日本三大怨霊の一人・菅原道真の子孫だと明らかになっていますが、実は「来栖姓」も菅原一族に由来するものなのです。

これを裏付ける理由として、五条悟と来栖華の容姿が似ているという点も上げられます。

他にも裏梅などが似ていると言われていますが、裏梅自身も五条家関連の一族ではないかと以前考察しました。

来栖華(くるすはな)と死滅回游や羂索との関係は?

五条悟の封印を解くために来栖華の捜索を行っている高専側ですが、彼女が敵か味方かは今のところ分かっていません。

来栖華の術式は『あらゆる術式を消滅させる』とのことですが、この術式は羂索が用意した死滅回游のルールに一部当て嵌まるところがありますね。

死滅回游では、定められたルールを破った場合『術式を剥奪』されることが決まっています。

この『術式の剥奪』とは、どういう手段を用いて行われるのでしょう?

考えられる手段として、恐らくは来栖華の術式が利用されるのではないか予想されます。

来栖華は1000年前の術者

そもそも来栖華とは、天元曰く1000年前の術師。

彼女は千年間どこにいたのでしょうか?

現在の「呪術廻戦」にて、千年前からの存在であることを示唆されているのは、両面宿儺、羂索、裏梅の三人だけです。

両面宿儺は指という呪物として現存、虎杖悠仁が取り込むことにより受肉に近い形で存在していますね。

羂索は脳を入れ替えることによって、他人の身体を点々としています。

裏梅は今のところ不明ですが、濃厚なのは彼が元々獄門疆に封印されていたという説です。

裏梅に関しては以下の記事で考察していますので是非ご覧ください。

来栖華は呪物から受肉を果たした?羂索と契約していた可能性

千年前の術師が、現在になって突然現れるには理由があると考えられます。

その最も有力な説が、来栖華は羂索が持っていた呪物であるという事実です。

渋谷事変のラストにて、羂索は呪物たちの封印を解き放ちましたね。

羂索が放った呪物は、彼曰く「千年前からコツココツ契約した術師達の成れの果て」

この内の1つが来栖華であるとすれば、彼女は呪物の存在から現世に受肉した存在であると考えられます。

そして羂索が〝契約〟と発言していたことを考えると、来栖華と羂索はある程度の協力関係にあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

来栖華(くるすはな)の術式「術式消滅」

来栖華の術式は、あらゆる術式を消滅させることができるものです。

ここで気になるのが〝消滅〟という単語ですね。

消滅(しょうめつ)
[名](スル)消えてなくなること。それまで存在していたものがなくなってしまうこと。「相続の権利が消滅する」「自然消滅」

引用:goo辞書

恐らくこれは、術式を一時的に無効化させるというレベルではなく、文字通り消して無くしてしまう術式なのではないかと考察します。

この部分が死滅回游の『術式剥奪』にも関わってきますね。

しかしそれだけ強力な術式ならば、その分の縛りや代償も存在すると思われます。

五条悟の封印を解く方法は以下で詳しく説明していますので、是非ご覧下さい。

来栖華(くるすはな)のラッパはヨハネ黙示録から来ている?

来栖華が登場した際に、左手に持っていたラッパについて考察していきたいと思います。

来栖華が『天使』と名乗っていることからしても、そのラッパは恐らく『天使のラッパ』でしょう。

加えて、そのラッパを媒体に術式を発動することが予測されます。

『天使のラッパ』と言えば、有名なのは『ヨハネの黙示録』に記されるラッパを与えられた神の使い(天使)ですね。

黙示録のラッパ吹きは災いを呼ぶ

『ヨハネの黙示録』におけるラッパ吹きたちは、七つの封印に起因した存在です。

封印同様、ラッパ吹きは全部で七人。

それぞれのラッパに特徴がありますが、特筆すべきことは『天使のラッパ』は災いを呼ぶという点です。

『ヨハネの黙示録』におけるラッパの効果を簡単に羅列してみました。

  • 第一のラッパは地上を焼く。
  • 第二のラッパは海の生物が死ぬ。
  • 第三のラッパは人が死ぬ。
  • 第四のラッパは太陽、月、星がなくなる。
  • 第五のラッパは額に神の刻印がない人を苦しめる。
  • 第六のラッパは四人の天使が人間の三分の一を殺す。
  • 第七のラッパは神になれなかった者が死ぬ。

見ての通り、『天使のラッパ』が使用されることによって良いことが起こることはありません。

その中でも、第五のラッパと第七のラッパは死滅回游に当て嵌まる部分があります。

第五のラッパ:額に神の刻印がない人を苦しめる

死滅回游を行うに当たって、羂索がマーキングした者の中に伏黒津美紀が存在します。

彼女の額には呪われたことを示唆するようなマークが描かれており、これが〝神の刻印〟である可能性は非常に高いです。

額に神の刻印がない人とは、すなわち非術師を表しているのではないでしょうか?

虎杖たち呪術師を省いた理由は、そもそも羂索の目的に呪力が必要不可欠だからです。

羂索は千年間集めた呪物によって、非術師に術式を付与し半強制的術師に仕立て上げています。

つまり、神の刻印がない人とは、神に選ばれなかった者、もしくはなれなかった者。

神の力を呪力や術式に置き換えるならば、それを得られなかった非術師を指し示しているのかもしれません。

第七のラッパ:神になれなかった者が死ぬ

ここでの神も同様です。神とは恐らく呪術師。

死滅回游に負ければ『術式の剥奪』=『死』ですので、非術師となった者には生きる価値がないという考え方もできますね。

羂索の目的は天元と人類全体の同化。

呪力を持たない人間は不要という扱いなのでしょう。

来栖華の術式使用は何らかの代償を伴う

来栖華の持つラッパが、術式使用に関して使用されるのは描かれ方から間違いないと思います。

来栖華の強力過ぎる術式、そしてラッパの意味を考えると、彼女の術式使用には大きな代償が必要なのではないでしょうか?

その代償として考えられるのは〝死〟ですね。

特に死滅回游における『術式の剥奪』は『死』であると146話にて明言されています。

しかし裏を返せば、来栖華は死滅回游のルール内でしか術式を発動できない縛りを儲けられていると考えられます。

縛りによる他人の命を奪うほどの強力な術式。

恐らくはこれが、来栖華の弱点であり強みなのでしょう。

スポンサーリンク

来栖華(くるすはな)の術式で五条悟は六眼を失うか徹底考察

恐らく羂索側の術師である来栖華が、五条悟を解放する可能性は限りなく低いです。

例え味方であったとしても、来栖華の術式には何かしらの代償があることは間違いありません。

そんな中で考えられる五条悟の復活、封印解除。

この伏線はアニメ「呪術廻戦」のオープニングにて張られていたのではないかと当サイトでは考察します。

窓が開く=獄門疆の開門

アニメ「呪術廻戦」オープニング冒頭にて、内側から窓が開く描写がありますね。

元々アニメのオープニングは、各所にて本誌の伏線が張られていることは有名です。

特にアニメが始まった当初から虎杖の足下を泳いでいた魚。

これが『死滅回游魚』という魚であることが一時期話題になりました。

「呪術廻戦」のアニメは渋谷事変が終了する前から放送されており、本誌にて死滅回游というゲームが行われることになったときに伏線に気付いた人は多いはず。

そのため、何の変哲もないと思われていたオープニング冒頭の猫のシーンですが、この窓の開閉が獄門疆の開門に繋がっているのではないかと考えられます。

内側にいた黒猫の片目がない=五条は片眼を失う?

もしこの窓を獄門疆と例えるならば、内側にいる猫は五条悟であると推察されます。

窓が開いたと同時に猫はこちらを振り返りますが、その目の色は五条悟と同じ青色。

加えて、何故か片眼だけが黒く塗り潰されており描かれておりません。

つまり五条悟は、獄門疆が開くと同時に六眼を片方失うのではないでしょうか?

六眼の不自然な色の反射

オープニング内では、五条悟の六眼をアップで映し出したシーンがありますね。

ここでは不自然に光が反射しており、片眼がまるで失明でもしたかのように白く塗られています。

このように、五条悟の眼については、オープニング内にてあらゆる描写が成されています。

羂索にも強すぎるという理由で獄門疆に封印された五条悟。

六眼持ちは同じ時代に二人と生まれないことが確定していますし、五条はその強すぎる六眼を今後失う可能性があるのかもしれません。

呪術廻戦を全巻半額で読む方法

いまAmebaマンガでは、無料会員登録で特大キャンペーン実施中!

  1. 漫画100冊半額クーポン

配信中の作品すべてが対象になるため、ポイントを利用すれば最新話を無料で先取りできちゃいます!

knight

しかも漫画が全巻まで100冊半額で読めるから超ラッキー!

さらにLINE登録をすると、全品10%OFFクーポンが毎週もらえる特典までついてくるから驚きですよね!

ほかにも初購入者or半年以上未購入者を対象に、月額プランの基本コインが全額返還(翌月継続時)されるサービスも開催中!

このサービスを利用すれば実質ゼロ円になるため、利用しないほうが損です!

とはいえ、このキャンペーンはいつまで開催されているか分かりません…。

ぜひAmebaマンガの初回特典を賢く利用して、お得に楽しんでください!

\ Amebaなら100冊まで半額 /

スポンサーリンク

考察まとめ

今回は、天使こと来栖華が敵か味方か、その正体や術式について考察させてもらいました。

加えて獄門疆に封印されている五条悟の今後。

恐らく来栖華は、千年前の術師であるということを鑑みても手放しに味方とは言えない存在でしょう。

加えてその強力過ぎる術式には、死滅回游ならではの縛りが存在すると考えられます。

来栖華自身の正体や目的も気になるところですね。

恐らく五条家・菅原道真由来であると考察しますが、今後の情報から益々目が離せません!

以上、【呪術廻戦】天使・来栖華(くるすはな)は敵か味方か?正体や術式と五条が六眼を失う可能性について徹底考察でした。

コメント

コメントする

CAPTCHA


sixteen − sixteen =

目次
閉じる