MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
動画配信サービスおすすめ

【呪術廻戦】加茂憲倫とは?偽夏油傑の正体と目的確定?九相図の関係を考察

脹相が偽夏油の正体を加茂憲倫(かものりとし)と見破って、衝撃が走った呪術廻戦134話。

怒涛の展開を迎えた渋谷事変では、偽夏油の正体が確定するだけでなく、その目的まで明らかになりました!

とはいえ加茂憲倫の額にも、なんと縫い目が…( ゚Д゚)

加茂憲倫という人物は、いったい誰なのでしょうか?

そこで今回は、漫画「呪術廻戦」に登場する加茂憲倫とは誰なのか、偽夏油傑の正体と目的が確定した経緯を紹介するとともに、九相図との関係を考察していきたいと思います。

▼まんが王国なら呪術廻戦が安い▼

目次
スポンサーリンク

加茂憲倫とは?プロフィールを紹介

名前加茂憲倫(かものりとし)
所属不明
階級不明
正体羂索(けんじゃく)

加茂憲倫は、明治の初めに活躍していた呪術師です。

多くの呪術文化財と共に史上最悪の術師として名を残す、御三家の汚点と本編で紹介されました。

御三家とは、呪術界の名家である「五条」・「加茂」・「禪院」のこと。

謎の多い人物で、詳細は一切明かされていません。

初登場は何巻何話?

加茂憲倫の初登場は、呪術廻戦7巻60話です。

八十八橋(やそはちばし)で、九相図(くそうず)の壊相(えそう)と血塗(けちず)と戦闘したときに回想で登場しました。

呪霊の子を孕む特異体質の娘と出会ったことで、加茂憲倫は知的好奇心の虜になってしまいます。

記録には残っていませんが、娘は九度の懐妊と九度の堕胎を繰り返し、呪胎九相図が誕生。

呪胎九相図は加茂憲倫によって創られ、特級呪物となりました。

以降の加茂憲倫の消息は、不明です。

加茂憲倫と加茂憲紀の違い

史上最悪の呪術師といわれる加茂憲倫ですが、漫画「呪術廻戦」の作中には、同じ名前のキャラクターがもう1人存在しています。

京都府立呪術高等専門学校に所属する「加茂憲紀」です。

よく見てみると、漢字が1文字だけ違っていると分かります。

なぜ同じ名前が使われているのか、考えられる理由は2つです。

パターン①:代々引き継がれる加茂家当主の名前

呪術界にとって史上最悪と呼ばれる加茂憲倫ですが、名家の出であることは間違いありません。

加茂家の発祥は明かされておりませんが、加茂憲倫が当主だった可能性は否定できないでしょう。

代々、加茂家の当主となる人間が「のりとし」と名乗っているのかもしれません。

とはいえ名家であればあるほど、史上最悪とまで呼ばれた呪術師の名を引き継ぐとは考えにくいです。

汚点と言われた存在は、いち早く切り捨てるのではないでしょうか。

代々加茂家当主が「のりとし」と名乗っている可能性は、低いと考えます。

パターン②:妾の子に対する嫌がらせ

加茂家の次期当主である加茂憲紀ですが、じつは妾の子です。

正室の男児が術式を継いで生まれなかったために、当主の座に就くことになりました。

ドラマなどの影響が強いと思いますが、側室と正室といえば、女性のドロドロ関係が目に浮かびます。

実際に漫画「呪術廻戦」の作中で、加茂憲紀の母親は”爛れた側妻”と呼ばれており、家を追い出されていました。

詳しくはこちらの記事で考察しています。

加茂憲倫は偽夏油傑の正体で確定?

明治時代に悪名を遺した加茂憲倫ですが、なんと呪術廻戦134話で偽夏油傑の正体として再び現世に登場しました。

初登場時の加茂憲倫は傘の影で顔が隠れていましたが、呪術廻戦134話では額に縫い目のある姿がハッキリと描かれています。

加茂憲倫も数ある名の一つに過ぎないと語っていることから見ても、黒幕に操られていたのは間違いありません。

偽夏油傑の正体は加茂憲倫と判明しましたが、黒幕と考えられる存在は依然、謎に包まれたままです。

真の黒幕は、一体誰なのでしょうか?

黒幕の正体は日本三大怨霊の呪い

当サイトでは、偽夏油こと加茂憲倫を操っている黒幕の正体は、日本三大怨霊の「呪い」なのではないかと考えています。

日本三大怨霊とは、歴史上で非業の死を遂げた崇徳天皇・菅原道真・平将門のこと。

すでに菅原道真は、呪術廻戦0巻で超大物呪術師とセリフで紹介されましたが、崇徳天皇と平将門はまだ登場していません。

呪術廻戦の世界で「呪い」とは、人間から流れ出た負の感情と語られています。

実際に自然災害に対する恐れから生まれた漏瑚や花御は、特級呪霊の中でも強者の部類に該当しています。

日本三大怨霊の呪いから生まれた呪霊となれば、黒幕に相応しい存在といえるのではないでしょうか。

実際に黒幕は呪術廻戦134話にて、呪術全盛平安の世が再び始まると語りました。

日本三大怨霊が存在していたのも、平安時代の頃です。

黒幕が日本三大怨霊の「呪い」である可能性は、高いと考えます。

スポンサーリンク

加茂憲倫の目的を考察!虎杖は九相図だった?

加茂憲倫や夏油傑の体を操っている黒幕の目的は、呪術全盛の時代を取り戻すことだと、呪術廻戦136話で明らかになりました。

人間という呪力の形の可能性を追い求め、混沌の中に答えを見出した黒幕は、呪い合いの世を誕生させるつもりです。

呪物たちの封印を解き、千人の虎杖悠仁が悪意を持って放たれたと考えていいと語っていることから考えても、虎杖悠仁が特級呪物に指定される呪胎九相図である可能性は高いでしょう。

加茂憲倫の正体判明!羂索(けんじゃく)と呼ばれる1000年前の人物

「呪術廻戦」最新話にて、加茂憲倫の肉体を操っているのは羂索(けんじゃく)という人物であると判明しました。

詳しくは以下記事にて紹介していますので是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

【呪術廻戦】加茂憲倫とは?偽夏油傑の正体確定で目的を考察!何巻何話が初登場?まとめ

今回は、漫画「呪術廻戦」に登場する加茂憲倫とは誰なのか、偽夏油傑の正体と目的が確定した経緯を紹介するとともに、九相図との関係を考察してみました。

漫画「呪術廻戦」134話にて、偽夏油傑の正体は加茂憲倫と確定しましたが、その額には縫い目が描かれていました。

加茂憲倫とは誰なのか調べたところ、明治時代初期に存在した史上最悪の呪術師だと分かりましが、それも数ある名の一つと判明しています。

真の黒幕の正体については明かされていませんが、当サイトでは日本三大怨霊の呪いなのではないかと考察しました。

黒幕の目的は呪術全盛の時代を取り戻すことだと、本編で明かされていることから考えて、可能性は高いのではないかと思います。

渋谷事変はすでに幕を閉じましたが、黒幕の正体がいつ明かされるのか注目していきたいと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA


4 + seventeen =

目次
閉じる