MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
動画配信サービスおすすめ

推しの子43話ネタバレ最新話確定と考察感想!東京ブレイド作者鮫島アビ子登場

2021年5月13日(木)に発売の週刊ヤングジャンプ「推しの子」43話ネタバレ最新確定情報を考察と共にお届します!

前回のおさらい
  • 黒川とアクアの再会
  • 嫉妬する有馬
  • 『東京ブレイド』
  • 演技に対する情熱
  • 優秀な劇団員たち
  • 姫川と有馬の演技
  • 『役者』であるということ

前回の内容を忘れてしまった方は、下記より詳細をご覧ください。

▼0円で推しの子本誌を読むならU-NEXT▼

目次
スポンサーリンク

推しの子43話ネタバレ最新話確定内容を紹介!

漫画「推しの子」43話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、お届けしていきます!

稽古グループができる

舞台「東京ブレイド」の稽古から3日が経過しました。

舞台の稽古期間は大体1か月程度設けられ、昼集合の夜解散で6~7時間拘束されます。

忙しい人が多いので全員集まることはなく、主演者の欠席は他の稽古に支障が出るため、スタンドイン(稽古の代役)を雇うことも珍しくありません。

しかし演劇人は演劇が好きなこともあり、夜だけでも参加しようと熱意的。

姫川大輝・有馬かな・鳴島メルトの3人は、台本の漢字について読み方を確認しながら、自然と稽古グループを作っていました。

稽古3日目となると、ほかでも稽古グループができており、主演グループにララライグループやちょい役グループなどが作られています。

そんな中で、アクアだけが孤立していました。

アクアが有馬かなを分析

壁際に1人で座っているアクアを見つけたあかねは、自分の彼氏が人と馴染むのが不得意なのかと親近感を感じました。

あふれ出る陰のオーラを纏わせ、かなを見つめるアクア。

かなは周囲のレベルに合わせて演技をする癖があり、これまでパッとしない役者に囲まれて演技をしてきました。

ところが今回、姫川がいることで、かなは高いレベルの演技を披露しています。

かなに勝ちたいと思っているあかねに、このままでは大差で負けると助言するアクア。

あかねは、頬を膨らませます。

腑に落ちないあかね

あかねの表情を見て、感情表現が子供だと評したアクア。

アクアは最初から才能あるやつに勝てるとは思っていないと、相変わらず一線引いた態度です。

あかねは、劇団ララライ代表の金田一敏郎の前で、演技を披露。

周りのテンションに合わせて、強めに出た演技をしてほしいと指示され、自分の中でこんな感じかなというものを出してみます。

すぐさまOKが出ますが、なんだか腑に落ちません。

場転して、かなの演技に入り、やはり目が惹かれてしまったあかねは、今回立ち上がりが悪かった原因は脚本にあると思い至ります。

黒川あかねの解釈と異なる脚本

あかねの演じる鞘姫(さやひめ)は、原作でも出番があまり多くありません。

最初は刀鬼(とうき)のヒロインとしてとうじょうするものの、最初は適役だった「つるぎ」のカップリング人気が急上昇し、相方としての出番を失います。

原作でもほとんど死に設定になっているキャラクターで、いわゆる負けヒロイン役に抜擢されたあかね。

出番が少ないということは、キャラ分析の素材が少ないということです。

妄想で欠けた部分を補い、自分の中でキャラづくりしていましたが、渡された脚本はあかねのキャラ解釈とは大きく異ったものでした。

東京ブレイドの原作者「鮫島アビ子」が登場

本来の姫は内気で人を殺めることに葛藤を抱く優しいタイプですが、脚本では戦に前のめりになる殺戮大好きなクレイジー女子。

漫画を劇という異なったメディアに落とし込むために多少の変更は仕方がないにしても、あまりに脚本家に便利に扱われた設定であり、あかねはキャラクターが不憫に感じてしまいます。

しかし原作者がOKを出した以上、これでやるしかないと覚悟を決めたあかね。

そのころ、東京ブレイドの原作者「鮫島アビ子」は、居酒屋で今日あまの作者「吉祥寺頼子」と2人で酒を飲んでいました。

今日あまの作者といえば、メディア展開した時、原作との違いにいろいろ頭を悩ませていた人物です。

鮫島アビ子は色々と思うところがあるようで、劇の稽古の見学についてきてほしいとお願いしました。

あかねの覚悟がどうなるのか、注目が高まったところで、漫画「推しの子」43話は幕を閉じています。

推しの子43話を無料で先読みするならU-NEXT

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: u-next-1024x341.png

ここからは、漫画「推しの子」の最新話を無料でいち早く読む裏ワザについて、紹介します。

いまU-NEXTでは、31日間無料お試しキャンペーンが開催中!

600円分のポイントがGETできるので、週刊少年マガジンが2冊無料で読めちゃいます!

週刊ヤングジャンプは1冊300円で配信されているため、余すことなくポイント消費できます!

もちろんポイントの使い道は、自由!

業界No.1の品ぞろえをしているので、あなた好みの作品に利用してみてはいかがでしょうか?( *´艸`)

U-NEXTは20万本以上の動画を見放題配信しているので、アニメも無料視聴できる超~優秀サイト!

いつの時点で登録しても31日間しっかり無料になるだけでなく、解約も好きなタイミングできます♪

期間内に解約すれば、まったくお金はかからないので、31日ギリギリまでお得を味わいましょう(^▽^)/

もちろん解約した後でも、ポイント消費でGETした漫画はいつでも読み返しOK!

ぜひ、気になる漫画を無料でお得に読んでみて下さい♪

▼0円で推しの子本誌を読むならU-NEXT▼

スポンサーリンク

推しの子43話ネタバレ最新話の考察感想

まさか今日あまの作者が再び出てくるとは、驚きました!

今日あまの作者が、原作との大きな違いに心を痛めていた人物なだけあって、相談者に選んだ鮫島アビ子の心中を察します。

今回の劇の脚本に納得いかなかった部分が、あったのではないでしょうか?

鮫島アビ子と黒川あかねが対面することになれば、キャラクター設定の本質について盛り上がるかもしれませんね。

アクアの見どころはありませんでしたが、作者の来訪でまた今日あまのように心動かす演技を披露するのか期待が高まります。

無事ララライの代表に気に入られるのか、注目です。

推しの子43話ネタバレ最新話確定と考察感想まとめ

今回は、漫画「推しの子」43話のネタバレ最新確定情報を、考察感想とともに紹介しました!

推しの子43話では、原作と脚本の違いが黒川あかねの観点から浮き彫りになりました。

脚本家に便利がいいように作られたシナリオで、演出家として進行してるララライ代表の思惑も気になります。

東京ブレイドの作者が稽古を見学しに来ると予想されますが、波乱展開となるのでしょうか?

以上、漫画「推しの子」43話のネタバレ最新確定内容を考察予想と共にお届けしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


1 + 9 =

目次
閉じる