MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
Amebaマンガで100冊半額キャンペーン今すぐ確認

「さっちゃん、」ネタバレ!強固な愛に亀裂が入り···

DLsiteで連載中の「さっちゃん、」についてネタバレをまとめました。

目次
メスネコ淫戯

真面目な青年の将来の夢は彫師!大反対する父親だったが静の一言がきっかけで?

宇津井静は真面目だが凄く地味なので、よく教師のパシリをさせられる好青年。

しかし伊達眼鏡を外した顔は正真正銘のイケメン。

実は性格も根暗なタイプではありません。

進路希望調査を白紙で提出した本日、静は彫師になりたい夢を打ち明けることに!

「彫師にどうしてもなりたい。」

早速いつものピアススタイルに戻った静は両親に相談。

父親は自分の息子が刺青だらけになるのは嫌だと言いましたが、母親ひ息子が生きてくれればいいと一言。

この両親は静の本当の両親ではありません。

実の母親は彼を児童相談所近くに置き去りにしました。

児童相談所に保護されてからしばらくして、今の両親が引き取ってくれたのです。

さてそんな事情がある静の部屋は刺青の絵ばかり。

毎日模写をしているのも顔がピアスだらけなのも家族以外には内緒。

のはずが校内でぶつかった同級生女子に見られてしまいます。

眼鏡がぶつかった衝撃でずり落ちてしまったんですね。

彼女の名前は福永幸。

愛称はさっちゃんになるので、ここではさっちゃんと呼びます。

軽蔑するどころか、わざわざそんな目立たないところにピアス穴を開けている理由は、両親を困らせたくないからだと当てて見せます。

ともあれ父親に彫師になるのを猛反対されたからには、墓場まで持っていくつもりだと静。

「ならいい子やめちゃえば。」

さっちゃんはぐいっと静の顔を両手で押さえて、自分のほうを向かせました。

悪い子に見えると冗談を言うさっちゃんに、静は勇気を貰ったようです。

場面は切り替わり宇津井宅。

父親の前にドッサリと置いたのは、中学入ってから描き続けた刺青の模写。

意味や意義なんて関係ない!綺麗だと思うものを描いて何が悪い!

だったら父さんは17の時、意味や意義を見つけられたのか?

そう言われた父親は本当は野球選手になりたいけど、家が貧乏で諦めていた子供時代を思い出します。

両親に幸せになってもらうのが自分の夢。

彼らが好きだから本来の夢を諦めました。

静だって自分の今の両親は好きです。

だからこそこうして彼らに相談したんですね。

父親は頑固な奴だと思いつつも、息子の希望を優先してやります。

それから月日が経ち、静は家族から独立し彫師として働くことになりました。

この頃の静のボディはすっかり刺青だらけ。

でも今まで育ててくれた両親への感謝は、忘れていないようです。

静とさっちゃんの初エッチ!深く睦み合った男女は共に前進すると誓う!

ここで場面は高校の卒業式の日にまで遡ります。

静とさっちゃんは将来の目標が違うので、しばらくは会えません。

そこでさっちゃんは制服の第二ボタンが欲しいとおねだり。

心優しき青年は彼女の願いを叶えてあげました。

第二ボタンをくださいと言われるのは、あなたが好きだという証拠!

さっちゃんの一世一代の告白を静は受け入れます。

それから遠距離恋愛が始まり、遂に静の自宅訪問の日。

今の静は一人暮らしなので、なんだかさっちゃんはドキドキ。

ラブストーリーを見ながら狭い部屋で二人っきり。

たまらずさっちゃんは静にエッチを所望!

間違いが起きてもいい気持ちで、今日は静の家にやって来ました。

静としても可愛い恋人とのエッチは大歓迎。

お風呂上がりに早速静へとジャンプしたさっちゃん。

刺青の入る前の本来の宇津井くんが知りたい。

それならばと静は裸になってさっちゃんに覆い被さります。

彼女の言葉を待ってましたという勢いです(笑)

薄暗い室内でさっちゃんの秘部に指を差し入れた静は、そのままゆっくりと指を動かしました。

口で舐めながら指で刺激された秘部の最奥は、そろそろ静の性器の受け入れ準備完了。

ゴムを装着した静の性器を初めて見たさっちゃんは、心臓が高鳴って仕方がありません。

男の子供の性器ってこんなに大きいんだ···。

少しずつ奥まで侵入してくる大きくて太い性器。

実際動かされると、今まで経験したことのない快感が体内を稲妻の如く駆け巡りました。

初めての経験となったエッチは、さっちゃんにとって幸せなものだったようです。

再会した静の変わりように驚くさっちゃん!決裂への行進曲は始まった!

それから1ヶ月と2週間後。

しばらくぶりに会った静は首に刺青を入れていました。

仕事はいろいろ教えてもらい確実に身に付いているようで、毎日楽しいよと静。

とりあえずカフェでお茶してます。

一方のさっちゃんは調理の専門学校で修行中。

この前作ったハンバーグを食べさせてあげたかったと、笑顔で話しました。

さて恋人が再会してこれでさよならとはなりません。

買い物や料理を楽しんだらベッドの上で抱き合います。

例え貴方が真っ黒になるまで刺青だらけでも私は軽蔑しない。

それからの2人は恋人らしく、何度も再会してデートを重ねました。

ただちょっと気になるのが、最近静のInstagramに頻繁にリプする女の子。

雰囲気から都会っ子のように思えますが···。

福永は静は都会っ子が好きなのかと少し不安になりました。

そんなある時、静から一通のラインが送られてきます。

自分のデザインで初めて掘らせてもらえる刺青。

宇津井くんにとっては快挙だから、私も頑張らなくちゃ!

と思った福永は再び静のTwitterをちらり。

そこには静と依頼人のツーショット写真がアップされていました。

静はかなりイケメンなので、コメント欄はメチャクチャカッコいい!と盛り上がっています。

しかし彼女としては微妙な気持ちになってしまうのも当然です。

更にある日谷間に彫ってもらいたいといううら若き女性が出現。

これもTwitterを見た福永が発見し、おっぱいが大きい女性が好みなのかとモヤモヤしてしまいました。

肝心の静は依頼者に大丈夫ですとOK。

さっちゃんの気持ちを考えると、なんとも言えない気持ちになります。

だから久しぶりに静に会えた時も上の空。

ネットに自撮りをアップして女の子にモテモテの宇津井くんなんて嫌!

でも静はさっちゃんの小さな胸も顔も大好き。

胸の大きな女の子をリプしているのは、仕事の上手でのこと以外に他意はありません。

実際に依頼があったからには、SNS上でもよく研究しなければいけませんからね。

それでも疑いの目を向けるさっちゃんの体に優しく触れる静。

戸惑う彼女にちゃっかりキスもしています。

「宇津井くんもわたしで···一人でするの?」

それはもう大好きなさっちゃんと離れ離れは辛いので、頻繁に彼女を思いながら一人エッチしています。

覆い被さる静の性器がさっちゃんの秘部にゴリッと当たりました。

正直嫉妬してくれたのは凄く嬉しい。

こうしてバックからさっちゃんとエッチした静。

でもちょっと自分本意なエッチで、さっちゃんは”もうイクの”と泣いてしまいます。

ここは一旦引くのが男ですが、静の動きは激しくなるばかりで止まりません。

流石のさっちゃんももう限界。

とはいえまだまだこの煮えたぎるような性器の暴走は収まらず···。

ゴリュ

かなり無理な状態で自分の性器を押し込みました。

肝心のさっちゃんはその時は辛そうだったものの、再び静に会えない日々が続くと再会したい気持ちで溢れます。

別れるきっかけはSNSへの投稿、さっちゃんの嫉妬心は凄まじい

そして2週間後。

静の髪は真っ白になった静を見たさっちゃん。

自宅に直行で即エッチかと思いきや、静が自撮りをアップすることを非難してきました。

他の女が寄ってくるのを分かっていて、自撮りをアップするなんて耐えられない!

「宇津井くんだって自分の彼女がネットで顔出して可愛いとか抱きたいとか言われたら嫌でしょ···。」

とそれとなく聞いてみるさっちゃんですが、静は彼女が必要だと思ってやるなら応援したいと一言。

さっちゃんはもうどうしていいか分からず、不機嫌になってエッチもしてくれませんでした。

SNSにアップするのが仕事?

相変わらずさっちゃんにメッセージをまめに送る静。

雨が降った時は足元気をつけなよと優しい言葉をかけてくれます。

でもやっぱりSNSで他の人に発信するのはやめてほしい。

彼にそのつもりはなくても、どんどん周囲に女性が集まってしまうでしょう。

さっちゃんは精神不安定気味で、かれこれ4ヶ月も静と会っていません。

極めつけは動画配信インタビューで、静が恋人がいると答えた時のことです。

この日の夜、さっちゃんはある決意を胸に電話しました。

仕事の為にやっているなら、彼女がいるなんて言わなくてもいいはず。

静はさっちゃんに安心してもらうつもりで告白したつもりが、逆に幻滅されてしまいます。

「私は宇津井くんの一番の味方で居たかったの!!」

会う度にカッコよく人気者になる静が、何処か遠くへ行ってしまいそうで不安。

楽しいことだって沢山ありましたが、これ以上彼と一緒に居たらダメになる。

さっちゃんの口から出たのは決別の言葉。

君がそれで幸せなら強制はしない。

静は彼女の意思を尊重し、出会った頃の思い出を振り返りながら別れました。

「僕を悪い子にしてくれてありがとう。」

それがさっちゃんに静がかけた最後の言葉です。

しばらく経ってさっちゃんには、陽ちゃんという新しい恋人が出来ました。

今では静のことはほとんど忘れ、楽しそうな日常を送っています。

静はというと未だに恋人は作っていませんが、新たに可愛らしい白猫が家の住人に加わったようです。

少しでも早く静にも幸せがやって来るといいですよね。

その後どうなったかは皆さんのご想像にお任せします。

スポンサーリンク

「さっちゃん、」強固な愛に亀裂が入り···の感想

最初に言うと静くんはイケメンで性格もいい人です。

確かに欲望の赴くままエッチしてしまったことはありますが、常にさっちゃんを気にかけています。

仕事上SNSを使うことは頻繁にあっても、好きなのはいつもさっちゃんのみ。

他の女性とエッチな関係なんてありません。

ただ遠距離恋愛が基本で会えない日々が続き、SNSを見ることが多ければ疑うのも分かります。

宇津井くんの一番の理解者でいたいの···。

さっちゃんはなんて健気で一途な子なんでしょうか。

でも静くんも沢山愛を注入した女の子に振られて可哀想。

さっちゃんには新しい彼氏が出来たようですが、静くんにも誰かいい人が見つかってほしいです。

とりあえず白い猫の同居人がいるし、きっとすぐにさっちゃんを忘れるぐらい最高の女性が現れるでしょう。

Conect

コメント

コメントする

CAPTCHA


fifteen − 5 =

目次
閉じる