MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
Amebaマンガで100冊半額キャンペーン今すぐ確認

シャドーハウス117話ネタバレ最新話確定!エドワードが形勢逆転

2021年11月25日(木)に発売の週刊ヤングジャンプ「シャドーハウス」117話ネタバレ最新話の展開予想をお届けします!

前回のあらすじ
  • エドワード・ジェイ・エリーに館外への外出許可であるお遣いの指示が出る
  • それはこどもたちが長期間珈琲を飲んでいないタイミングの外出となってしまう
  • 対策として1階のルイスをこどもたちの棟の管理者代理に認定。
  • シャドーハウスの改革として、3階を目指す3人
  • 遂ミラーサイドに降り立ちますが…?

前回の話を確認したい方は、こちらの記事をお読みください!

開催中のキャンペーン情報まとめ
  1. Amebaマンガ100冊半額クーポン
  2. コミック.jp1,350円無料
  3. まんが王国初回最大60%還元
  4. ebookjapan最大3,000円引き

\ 登録1クリック /

\ 即マンガ無料 /

目次
メスネコ淫戯

シャドーハウス117話ネタバレ

自分が更なる飛躍を遂げるには見方を増やすことが先決、でなければトマスに対抗できない。

このお遣いの機会に外にいる二階のシャドーを見極め、利用できそうなシャドーは手の内に収めたい。

それが今回、お遣いに赴いたエドワードの狙いでした。

テイラーはミラーサイドの管理を学校の校長と言う立場で任されています。

けれど外にいるシャドーはトマスの息が掛かっていると思ってた方が良い、と警戒するエドワード。

しかし若者がぞろぞろと…遊び半分で来たのかね?とトマスは嫌味っぽくエドワード達に声を掛けます。

突然、おおっとしまった!と声を上げたかと思うと、3人も居ると思わず小さな馬車を用意したと言うテイラー。

まさか屋根の上に乗ってもらう訳には…貴族として品格に関わる行為…とわざとらしく言います。

いいえ私たちは屋根に乗るわ、狭い所に詰め込まれたくないもの、臭そうだし、と言い放つエリー。

結局エドワードとテイラーが馬車に乗りこみ、エリーとジェイが屋根に乗ることに。

馬車の中で、上の二人は品格を持ち合わせているのか、と言うような嫌味を言うテイラー。

エドワードは失礼な事があればお詫びします、と言いつつ人付き合いは苦手なようだが能力は買っているといいます。

まあよく言っておくことだね、私を怒らせていい事は無いぞ、とテイラーはエドワードに圧を掛けます。

一方屋根の上のエリーとジェイは広大なミラーサイドの土地を眺めながら馬車に揺られていました。

地図を持って来ればよかったというエリーに、ありますと答えトランクを開けるジェイ。

なんとトランクには枕まで詰め込まれ、準備が良いどころの騒ぎではありません。

別の土地で寝付けないと翌日の活動に関わるから、と枕を持って来たジェイ。

宿でふざけた枕を用意されたらすぐに買いに行かせればいいわ、とエリーは答えます。

我侭を言って変えても満足の行く枕が手に入るとは限らないと言うジェイに、そんな事より地図よと言うエリー。

…ところでエリー、僕臭いですか?とジェイが尋ねると、ジェイの事じゃないわよ、とエリーは返します。

となると…エドワードかテイラーが…臭い…!と、ジェイはエリーが言った臭いの一言を気にしていました。

馬車が止まり、森の見学だと言って3人はだだっ広い森に下されます。

エリーが、…で、テイラーはどう?とエドワードに聞くと、吐き気がするな、と答えるエドワード。

二人の会話を聞きながら、全ての証言と照らし合わせると臭いのはテイラー…とジェイは一人悶々と考えています。

このミラーサイドは島の中で最も重要な村だ、わかるかね?とテイラーは3人に尋ねます。

そうでした…!ここはモーフの森ですね、引き渡しまでの手順はどうなっているのですか?とジェイ。

ミラーサイドのモーフ捕獲班が選別会の時期に合わせて調達しに行くのだよとテイラーは答えます。

実際に見たいというジェイに、テイラーは奥地にあるからそんな簡単な事ではないと言います。

そもそもここは聖域で偉大なるおじい様に信頼されミラーサイドを任された私だから管理できるのだ、と。

ねぇ、囲いも無いのにモーフが村まで下りてくるような事は無いの?とエリーは尋ねます。

モーフにもテリトリーがあり安全で食料が確保できればそこから出る事は無いというジェイ。

道が続いていれば別の場所に移動してしまうと思うのは考えすぎだよ、とテイラーも言います。

個体差が大きい理由は知っていますか?僕は年齢なのではないかと考えているのですが、と聞くジェイ。

さあ…実際モーフがどの程度生きるかは誰も判らんよ、とテイラーは答えます。

なぜモーフの事をもっと調べないのか、シャドー化に有利な個体が見つかるかもしれないのにと言うジェイ。

けれどテイラーはそんな考え方は背徳的で品の無い考え、モーフがシャドーになるのは自然の摂理だと言います。

3人はテイラーの邸に案内され、窓から人間をその目で初めて見ます。

偉大なるおじいさまの手によって息人形になる以前の素体、シャドーの為の材料。

そう認識しているエリーは外で遊ぶ子供たちを、私達より広い場所で生きているなんてイライラすると評します。

ジェイは子供たちを見て、僕たち来客の事をどう思っているのでしょう、と言います。

館から来た以上気にしているだろうけど詮索はしないよう、教育・管理をしているとテイラーは答えます。

まあ…だが君たちじゃ、貴族とは思われていないかもしれないねぇ、と嫌味っぽく言うテイラー。

立派な服に見合って無い中身のようだしなぁ、貴族の服を作っているミラーサイドの管理者として嘆かわしいよ、と。

モーフの森、産業、ほかの地区より歴史ある選別会場、ミラーサイドより大事な土地はそうそうないと言うテイラー。

前回出した選別会の4体も中々優秀だっただろう、と続けます。

しかし最近は選別会のペースが早いな、モーフと違い人間は成長が遅いからこっちは大変だよ。

君たちは二階に上がって一年足らずか、よくお遣いに来られたものだ…気持ちは良く解るよ?と言うテイラー。

早く二階で役職を得たいのだろう?それは難しいことだが方法が無いわけではない、と含みを持たせます。

島で最も重要な村を任されているような、品格のあるシャドーに気に入られればな、とふんぞりかえって見せます。

喉が渇いた、君たち紅茶でも入れたまえ、言われ、不服そうにテイラーを見つめるジェイとエリー。

けれどエドワードがその場から、さっと動いて紅茶の準備をします。

こどもたちの棟の管理者である私も肝に銘じておきます、とエドワードが告げると顔色が曇るテイラー。

お前が…!?トマスは一体…と言われ、今は少しお休みになられているのでしょうと答えるエドワード。

選別会のペースが速いのは館がシャドーを増やそうとしている事、島外からの移住を促すのは生き人形不足を補うため。

よって子供の選別も今後はより重要になり、今以上に各地域で競っていく事になるはずとエドワードは話します。

お披露目に受かるシャドー、御呼ばれを受けるシャドー、それは私が呼ぶことになる、とも。

テイラーさまがおっしゃっていたようにミラーサイドは極めて重要な村。

ということは管理者も当然優秀であるべきです、成果が上がらなければ左遷されてしまうかもしれません。

エドワードがそう告げると、テイラーの表情がみるみる青くなっていきます。

しかしテイラー様は品格を重んじるお方…案ずるには及びませんね、と言ってエドワードは紅茶を出します。

震える手で、その紅茶を飲み干すテイラー。

これよろしければお使い下さい、とジェイは研究班で開発した香水をテイラーに渡し、3人は立ち去ります。

揺れる列車の中、テイラーは村の管理者と言う地位に胡坐をかく小物だったと言うエリー。

あの様子じゃトマスとも裏取引をしていたわね、臭いと思ってたのよと話します。

子供たちの棟管理者の地位は思ったよりも有用だ、各地域で脅しに仕えるな、と言うエドワード。

館の外で我々の勢力を固める、子供たちの棟も今頃ルイスが上手くやってくれている事だろうと決意を固めたのでした。

シャドーハウス最新話を無料で読む方法

いまAmebaマンガ では、無料会員登録特典に爆弾キャンペーンを実施中!

なんと初回限定で、お好きな漫画100冊まで使える最大半額クーポンがついてきます!

このクーポンを使えば、長期連載されている人気漫画もほとんど全巻半額で購入OK!

knight

本誌も対象になるから最新展開まで一気に読めて超~激安っ!

さらにLINE登録をすると、全品10%OFFクーポンが毎週もらえる特典までついてくるから驚きですよね!

ほかにも初購入者or半年以上未購入者を対象に、月額プランの基本コインが全額返還(翌月継続時)されるサービスも開催中!

このサービスを利用すれば実質ゼロ円になるため、利用しないほうが損です!

とはいえ、このキャンペーンはいつまで開催されているか分かりません…。

ぜひAmebaマンガの初回特典を賢く利用して、お得に楽しんでください!

\ まずはクーポンだけもらう /

シャドーハウス117話感想

今回は、漫画「シャドーハウス」117話のネタバレ最新話を紹介しました!

テイラー典型的な嫌なおじさんって感じでしたね(笑)

ケイトとエミリコも今はどうしているのでしょうか…

次の掲載も楽しみです!

以上、漫画「シャドーハウス」117話のネタバレ最新話をお届けしました!

Conect

コメント

コメントする

CAPTCHA


3 × one =

目次
閉じる