MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
Amebaマンガで100冊半額キャンペーン今すぐ確認

葬送のフリーレン74話ネタバレ最新話確定!シュタルクとゲナウのピンチ…!

2021年11月24日(水)に発売の週刊少年サンデーに掲載される漫画「葬送のフリーレン」74話のネタバレ最新確定情報をお届けします!

前回のあらすじ
  • ゲナウとシュタルクは村に残ることに
  • フリーレン、フェルク、メトーデの3人は北にある放棄された砦に向かう
  • 敵の魔力探知に引っかかってしまったフリーレン達
  • 敵の持つ霧を操る魔法によりメトーデと切り離されてしまう
  • 一級魔法使いに与えられた任務だからとフェルンに戦闘を任せるフリーレン

前回の内容を忘れてしまった方は、こちらの記事を読んでみてください。

開催中のキャンペーン情報まとめ
  1. Amebaマンガ100冊半額クーポン
  2. コミック.jp1,350円無料
  3. まんが王国初回最大60%還元
  4. ebookjapan最大3,000円引き

\ 登録1クリック /

\ 即マンガ無料 /

ほかキャンペーン情報

目次
メスネコ淫戯

葬送のフリーレン74話ネタバレ最新話あらすじを紹介!

村に残ったシュタルクとゲナウは、火の前で夜を過ごしていました。

魚釣って来たぜと薦めるシュタルクに、メトーデに夜食は不健康だからと怒られると言って断るゲナウ。

じゃあ俺だけ、と言いつつシュタルクも、フェルンには言わないでねとゲナウに念押しをします。

そしてシュタルクはゲナウに、村を襲った魔族に心当たりがあるんだろ、と切り出しました。

ゲナウは四刀流の魔族なんてそういるものじゃない、神技のレヴォルテ、私の相棒を殺した魔族だよと話します。

仰々しい名前だな、とシュタルクが言うと、それは奴が魔法で作り上げた四本の剣に由来すると言うゲナウ。

剣の重さを自在に変えられるだけでなく、時には羽より軽く鋭く、時には巨岩のように重いと言います。

神話の時代に山を砕いた剣になぞらえて神技の砕剣と呼ばれているのだ、と。

軽くて鋭くてとんでもなく重いって事か、とシュタルクが言うと、ゲナウはまるで矛盾だろうと返します。

魔法はこの世ならざる物質を作り出す、特に魔法で作られた武器と言うのは殺意のかたまり。

こういう武器を作る魔族は大勢をまるで試し切りでもするように不必要なほど殺す、と語るゲナウ。

奇しくも魔物に苦汁を舐めさせられたことのある者同士、二人は思わず黙り込んでしまいます。

その瞬間、ゲナウが敵の魔力に気付くと、シュタルクもわかってる、敵だろ、と武器を構えます。

武器を振り回しながら二人に襲い掛かって来たのは、まさしく四刀流のレヴォルテでした。

戦士一人に一級魔法使い一人、やはり村を守っていたか、読み通りだなと言うレヴォルテ。

シュタルクとゲナウは態勢を整え、こいつがレヴォルテか、と構えます。

レヴォルテは名を出され、私の事を知っているようだな、特にそこの一級魔法使いはどこかで見た顔だと言います。

レヴォルテに何者かと尋ねられてもゲナウは答えずに、シュタルクに攻撃を始めるぞと伝えます。

再度、何者だと聞いている、と言うレヴォルテ。

けれどゲナウはお前は害虫を駆除するときに、いちいち名乗りを上げるのか?と一蹴してしまいます。

話し合いを望まないと言うのであれば私も害虫駆除とやらに徹するとしようと言って襲い掛かるレヴォルテ。

ゲナウの指示通り攻撃を受け流そうとしていたらゲナウを守れない、とシュタルクは言います。

護る必要なんてない、とゲナウは返し、こう見えて接近戦は得意なんだと話します。

この世ならざる物質を作り出すのは何も魔族の魔法だけじゃないと言って黒金の翼を操る魔法を出すゲナウ。

背中に生えた羽を用いて、レヴォルテに向かって行きます。

しかし、まるで剣術の達人のようなレヴォルテにはシュタルクも押されていて、持久戦に持ち込まれるのは危険です。

退くかどうか考えていたゲナウの前で、シュタルクがレヴォルテに斬られてしまいます。

けれどシュタルクがニヤッと笑っている事に気づいたゲナウは、わざとレヴォルテに斬られた事を理解します。

一人を斬って油断しているレヴォルテの背後から、尾と腹に斬撃を与えるゲナウ。

瀕死にまで追い詰められたレヴォルテは、ゲナウに向かって待て、思い出したと言います。

お前以前殺した一級魔法使いの片割れだな、今と似たような状況だった、と話すレヴォルテ。

当時の状況を口に出して、相棒の最後を知りたくないか?とレヴォルテは尋ねます。

聞く耳を一向に持たないゲナウにレヴォルテは最後に私からの助言だ、と言います。

生存者の確認はもっとしっかりやったほうがいいと言われ、思わずゲナウが背後を振り返ると子供が立っています。

その間に生じた隙を利用してレヴォルテは子供に刀を投げますが、ゲナウが無事子供を助けます。

けれどゲナウは子供に腹を貫かれ、子供は一瞬で魔族の姿に変わり、やりましたよレヴォルテ様!と、喜びます。

けれど起き上がったゲナウはその子供に攻撃を加え、無事倒しますが、判断が鈍った、と反省します。

一瞬ゲナウの頭には”良い奴”だった相棒の事が浮かんでいたのです。

やはり私の読みは正しかった、人には子供を庇う習性があると、話すレヴォルテ。

その言葉に、人にそんな習性があったら世界はもっと平和になっているだろうさ、と返すゲナウ。

私の知る限り見ず知らずのガキを庇って死んだ馬鹿は一人だけだ、と言いました。

棺の中に眠るゲナウの相棒を見つめながら、この子は少し優し過ぎたのかもしれんなというゼーリエ。

いつの時代もそうだ、優しい魔法使いは長生き出来ん、と少し寂しそうにゼーリエは話します。

淡々と、立派な最後でしたと言うゲナウに、ゼーリエは心にもない事を言うんだなと返します。

ゲナウお前は嫌な奴だ、優しさの欠片もない、そう言いながらも、ずっとそのままで居ろというゼーリエ。

その時ゲナウは仰せのままにと返しますが、今のゲナウは子供を庇って重傷を負っている訳で。

やっぱり柄でもない事はするものじゃないな…とゲナウは少し微笑んで呟きます。

殺しを楽しむのは私の趣味ではない、今楽にしてやると言うレヴォルテの刃を受けるシュタルク。

私の剣を正面から受け止められる戦士がまさかこの世に存在したとは、とレヴォルテは驚きます。

まだ動けたのか、死んだふりでもしていればいいものをと言うゲナウに、それじゃ負けだろとシュタルクは答えます。

良い奴だと思っていたがただの馬鹿だな、だがその考えは悪くないと言ってゲナウはゆっくりと立ち上がります。

その死地に私も付き合おうシュタルク、戦いは追い詰められるほど生き残った時の感動は大きいぞと言うゲナウ。

そりゃ楽しみだな、震えが止まらないぜ、とシュタルクはレヴォルテの刃を止め続けていました。

葬送のフリーレン最新話を先読みする方法

いまAmebaマンガ では、無料会員登録特典に爆弾キャンペーンを実施中!

なんと初回限定で、お好きな漫画100冊まで使える最大半額クーポンがついてきます!

このクーポンを使えば、長期連載されている人気漫画もほとんど全巻半額で購入OK!

knight

本誌も対象になるから最新展開まで一気に読めて超~激安っ!

さらにLINE登録をすると、全品10%OFFクーポンが毎週もらえる特典までついてくるから驚きですよね!

ほかにも初購入者or半年以上未購入者を対象に、月額プランの基本コインが全額返還(翌月継続時)されるサービスも開催中!

このサービスを利用すれば実質ゼロ円になるため、利用しないほうが損です!

とはいえ、このキャンペーンはいつまで開催されているか分かりません…。

ぜひAmebaマンガの初回特典を賢く利用して、お得に楽しんでください!

\ まずはクーポンだけもらう /

葬送のフリーレン74話ネタバレ最新話感想まとめ

シュタルクも自ら傷を負った後ですし、ゲナウもぶさっと一発魔族に刺されてますけど…大丈夫なんですかね。

フリーレン達の方の戦いも気になりますが…次週はどっちの戦闘でしょうか?

続きも楽しみですね!

以上、漫画「葬送のフリーレン73話」のネタバレ最新話の展開予想をお届けしました!

Conect

コメント

コメントする

CAPTCHA


13 − 10 =

目次
閉じる