MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
動画配信サービスおすすめ

東京卍リベンジャーズ206話ネタバレ最新話確定!ムーチョと三途春千夜の過去と裏切り!王マイキーへの忠誠

2021年5月19日(水)に発売予定の週刊少年マガジン25号に掲載された漫画「東京卍リベンジャーズ」206話のネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回のおさらい
  • 半間の番外編
  • 半間修二と稀咲鉄太の出会い
  • 稀咲の生き方が好きだった半間
  • 半間と稀咲の約束
  • 稀咲の本音
  • 半間の涙
  • 死神とピエロ(道化)

前回の内容を忘れてしまった人は、下記より詳細をご覧ください。

目次
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ206話ネタバレ最新話あらすじを紹介!

さっそく、漫画「東京卍リベンジャーズ」206話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、紹介していきたいと思います。

ムーチョ(武藤康弘)の居場所は東京卍會伍番隊

マイキーに忠誠を誓った日から、ムーチョこと武藤康弘は、東京卍會伍番隊隊長が自分の”居場所”でした。

ある日、マイキーから伍番隊で預かって欲しいと、三途春千夜を紹介されたムーチョ。

ほかの隊じゃ手が付けられないほどの暴れ馬でしたが、ムーチョなら何とか手なずけられるとマイキーは判断しました。

三途春千夜とムーチョの過去は内輪スパイ

マイキーの言う通り問題ばかりを起すバカでしたが、ムーチョは三途の目を見て自分と同じように居場所がない似た者同士なのだと感じます。

伍番隊はマイキーから、内輪スパイの任務を与えられた特別な組織です。

ムーチョは東卍を裏切りそうな人物を調べ上げて、マイキーへ逐一報告していました。

三途春千夜にとっての王はマイキー

ムーチョと三途は将棋を指しながら、怪しい行動をしていた場地について話します。

マイキーの言うことを聞かないし、裏で何かやっていることは明白なのになぜ放置するのかと鬱憤を口にするムーチョ。

場地はマイキーと幼馴染であり、三途は王が何よりも大切だと語りました。

その言葉を聞いたムーチョは、三途が四谷の暴走族と揉めたのもマイキーが原因だったのかと問い詰めます。

東卍がダサいと言われただけで、突っ走ってしまった三途。

ムーチョは、王を大事にするのもいいが自分も大事にするよう忠告するのでした。

ムーチョから貰った三途春千夜のマスク

俯いて黙ったままの三途にムーチョは、黒いマスクを渡します。

口元の傷で損していると、気遣うムーチョ。

三途は笑顔を見せて、ムーチョにお礼を言いました。

その日から三途は、常に黒いマスクをするようになります。

ムーチョの信頼を得て三途春千夜が伍番隊副隊長へ

三途は人一倍の度胸と腕っぷしがあり、忠誠心が強いと判断したムーチョ。

半年もつるめば、三途は立派に信頼できる伍番隊の副隊長になりました。

一人っ子だから、ムーチョみたいな兄貴が欲しかったと語る三途。

ムーチョは本当の兄貴だと思ってくれていいと語り、三途へ信頼を寄せていきます。

良き右腕!三途の居場所はムーチョ

三途はムーチョにとって、何の疑問も持たずに聞き従う良き右腕でした。

乾と丸井をさらったときも、タケミチをさらったときも、ムーチョについてきてくれた三途。

マイキーや東卍を裏切ったムーチョは、三途に自分の道を行くよう告げます。

東卍には、戻らない覚悟を見せたムーチョ。

三途もムーチョのいる場所が自分の居場所だと語って、ついていくと意思表示しました。

ムーチョの出所を出迎える三途春千夜

ムーチョは三途に感謝をして、関東事変を迎えます。

半年後、東京都鑑別所を後にしたムーチョは、出迎えてくれた三途に会いました。

連れてこられたのは、第3埠頭。

関東事変の決戦が行われた地で、三途はこの日を待ち焦がれたと語ります。

裏切り者ムーチョを三途春千夜が斬り捨てる

この裏切り者がと、勢いよく刀でムーチョを斬り捨てた三途春千夜。

突然のことに驚くムーチョですが、将棋を一緒に刺した日から、三途春千夜は欺き続けていたと暴露します。

王が何よりも大切だと、語っていた三途春千夜。

ムーチョはマイキーを裏切った日から、すでに積んでいたのです。

ムーチョ(武藤康弘)が死亡

斬り捨てられたムーチョの後ろには、黒塗りの車が止まっています。

最期にムーチョは、裏切り者の報いを悟って涙を流しました。

2008年になり、ニュースでは東京湾で白骨死体が見つかったと報道されています。

警察が身元確認を急ぐと放送されているなかで、マスクを取った三途春千夜はたたずんでいました。

新編スタートの煽り文句とともに次回、漫画「東京卍リベンジャーズ」207話へ続きます。

東京卍リベンジャーズ206話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

次の抗争に半間が関係する?

前回は、タケミチがタイプリープされた2008年6月までの半間修二について、明かされました。

これまで東京卍リベンジャーズでは、大きな抗争の前に関係するキャラクターの過去を掘り下げています。

83抗争ではドラケンの過去、血のハロウィンでは千冬や場地に一虎の物語が描かれていました。

ここで半間の過去が明かされるということは、2008年のタイムリープで半間修二が大きく関わってくるからではないでしょうか?

マイキーの闇落ちにも関係しているのか、注目が高まります。

半間修二が死神で稀咲を操っていた?

稀咲の墓前で、死神と道化(ピエロ)について語り明かそうとしている半間修二。

これまでの策略からして稀咲が死神のように思えましたが、死ぬ前の稀咲は自身を道化(ピエロ)と例えていました。

となれば、半間修二が死神ということでしょう。

やはり稀咲がに人を操っているように見えて、実際は半間が操っていたということなのでしょうか?

半間が稀咲を操っている説は、タイムリープ能力の考察で少し紹介していますので、ご一読いただけますと幸いです。

罪と罰のタトゥーの意味とは?

半間修二の両手にある「罪」と「罰」のタトゥーは、死神を象徴する意味があるのではないかと考えます。

死神として罰を与える存在なのだとすれば、半間がどんな罪を背負っているのか気になります。

206話で半間の背負っている罪が明かされるのではないかと、期待したいところです。

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ206話ネタバレ最新話考察まとめ

今回は、漫画「東京卍リベンジャーズ」206話のネタバレ最新話を感想と共に紹介しました。

東京卍リベンジャーズ206話は、半間修二が稀咲のことを操っていたのかについて焦点が当てられそうです。

両手に刻まれた「罪」と「罰」の意味まで明かされるのか、楽しみですね。

今後タケミチがタイムリープした2008年で、大きな抗争があるとすれば半間修二が大きく関係するのではないかと考えます。

タケミチと半間が協力関係になっていくのか、注目です。

以上、漫画「東京卍リベンジャーズ」206話のネタバレ最新話を考察と共にお届けしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


1 × 2 =

目次
閉じる