MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
1,350円分マンガ無料【コミック.jp】今すぐ読む

東京卍リベンジャーズ211話ネタバレ最新話確定と考察!明司武臣が登場!初代黒龍(ブラックドラゴン)副総長で梵No2と判明

2021年6月23日(水)に発売の週刊少年マガジン30号に掲載される漫画「東京卍リベンジャーズ」211話のネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回のおさらい
  • 高校生のドラケンとCB250T(バブ)が登場!
  • すでにマイキーと決別しているドラケン
  • 悪の道を選択したマイキー
  • 寺野南(てらのサウス)登場
  • 寺野南がドラケンを仲間に誘う

前回の内容を忘れてしまった人は、下記より詳細をご覧ください。

コミック.jpなら最新話が今すぐ無料!

\ 今すぐ1~2冊無料 /

ほかキャンペーン情報

目次
スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ211話ネタバレ最新話あらすじを紹介!

さっそく、漫画「東京卍リベンジャーズ」211話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、記事を更新します。

規格外のフォルテシモ(最強)な寺野南(てらのサウス)

続々とドラケンたちを取り囲む六波羅のメンバーに、圧倒されるタケミチ。

寺野南(てらのサウス)は何度もドラケンを勧誘していましたが、誘いを断られていました。

ドラケンよりも背が高い寺野南は、パワーも規格外。

最強と謳われた東京卍會副総長のドラケンを一発で殴り飛ばしています。

ドラケンの引退を許さない寺野南は、怒りを隠しきれません。

立ち上がるドラケンを何度も殴って吹き飛ばし、一方的に攻撃していきます。

寺野南の下につくか、死ぬかの二択を迫られるドラケン

”不良の時代を創る”と、かつての東京卍會と同じ思想をもっている寺野南。

もともと東京の人間ではなかった寺野南でしたが、思想を実現させるために上京しました。

最強は食い殺されるまで最強でいるのが、弱肉強食であるこの世界です。

ドラケンは寺野南の下につくか、死ぬかの二択を迫られます。

タケミチに迫る寺野南

その様子をずっと傍観していたタケミチですが、元壱番隊隊長を放っておくわけがない寺野南。

他人事ではなく次はタケミチの番だと迫られ、いきなり大ピンチ到来です。

そんなとき突然、六波羅のメンバーが吹っ飛んできて、タケミチと寺野南の間に割り込んできました。

ひ弱な声を上げるタケミチの前に現れたのは、10年後に梵天の相談役として活躍することになる明司武臣(あかしたけおみ)です。

明司武臣が登場!

10年前の明司武臣は、梵(ブラフマン)のNo2として活躍している人物でした。

その紹介文には、初代黒龍(ブラックドラゴン)副総長との肩書が記されています。

サウス―と呼ぶ明司武臣の後ろからは、続々と梵のメンバーが乱入。

大量の不良が、道路に集まっています。

梵(ブラフマン)と六波羅単代が集結

明らかに明司武臣は、寺野南の邪魔をしにきたと考えられるので、仲は良くないように思えます。

タケミチは、早くも三天のうちの2チームに遭遇。

大戦争が予感されるなか次回、漫画「東京卍リベンジャーズ」212話へ続きます。

東京卍リベンジャーズの211話を無料で先読みする方法

ここからは、最新話を無料で先取りする裏ワザについて、紹介します。

いまコミック.jpでは、30日間無料お試しキャンペーンを開催中!

1,350円分のポイントがGETできるので、漫画が1~2冊無料で読めちゃいます!

しかも1冊単価の安い週刊誌は2~3冊無料で読めるから、すぐに最新話を追いかけやすい!

knight

最新巻も1冊まるごと無料で読めるから超ラッキー!

もちろんポイントの使い道は、自由!

ほかにも人気漫画がたくさん揃っているので、是非あなた好みの作品に利用してみてください!

いつの時点で登録しても30日間しっかり無料になるだけでなく、解約も好きなタイミングできます。

期間内に解約すれば、まったくお金はかからないので、30日ギリギリまでお得を味わいましょう!

もちろん解約した後でも、ポイント消費でGETした漫画はいつでも読み返しOK!

ぜひ、気になる漫画を無料でお得に読んでみて下さい♪

\ コミック.jpで1,350ポイントGET /

スポンサーリンク

東京卍リベンジャーズ211話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

ドラケンは六波羅単代(ろくはらたんだい)の仲間にならない?

新キャラ寺野南(てらのサウス)に、六波羅単代に入らないかと声をかけられていたドラケン。

東卍解散後、主要メンバーはカタギになっていました。

カタギになったメンバーの中には、もちろんドラケンも含まれています。

マイキーが悪の道を選んだと語り、完全に決別の色を見せているドラケンは、簡単に不良の世界へ足を踏み入れないでしょう。

六波羅単代の仲間入りは、断ると考えます。

タケミチが六波羅単代(ろくはらたんだい)に入る?

寺野南が仲間を求めていると知ったタケミチは、もしかしたら六波羅単代に入りたいと申し出るかもしれません。

カタギになった仲間を巻き込みたくないと考えているタケミチは、元東卍メンバーを頼れない状況です。

既存の不良グループに所属した方が、マイキーへ近づきやすくなるかもしれませんね。

とはいえマイキー救出は、タケミチ一人だけの力でできるものではないでしょう。

誰かの力添えが必要と感じますし、なにより傍にいるイヌピーがタケミチの六波羅単代入りを認めるとは思えません。

タケミチが六波羅単代の仲間に入りたいと申し出ても、ドラケンやイヌピーに引き留められる可能性が高いと考えます。

タケミチが十一代目「黒龍(ブラックドラゴン)総長としてイヌピーとドラケンを仲間にする?

イヌピーと出会ったことで、タケミチは自分が十一代目「黒龍(ブラックドラゴン)」総長だったことを思い出すのではないでしょうか?

とすれば仲間集めはしなくても、必然ともう黒龍(ブラックドラゴン)の仲間がついてきます。

そして仲間想いの強いタケミチですから、83抗争の時のように六波羅単代に絡まれたドラケンを助けたいと考える可能性は高いです。

勝手にドラケンは黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーだとでっち上げて、寺野南の標的を自分に変えてしまうのではないでしょうか?

いずれにせよ黒龍は、真一郎が立ち上げた組織でマイキーとは切っても切り離せません。

タケミチが十一代目「黒龍(ブラックドラゴン)総長として、イヌピーとドラケンを仲間にする可能性は高いと考えます。

千冬はタケミチの相棒にならない?

タケミチの右腕として活躍していた千冬ですが、ペットショップでのアルバイトを始めて真っ当な道を歩み始めていました。

もう皆を巻き込みたくないと考えているタケミチなので、これまで頼ってきた千冬から離れてもおかしくありません。

千冬はタケミチの相談相手にはあるものの、昔のように背中合わせで戦わないかもしれませんね。

ドラケンはマイキーを見捨てない?

マイキーは、悪の道を選んでオレらと決別したと語ったドラケン。

タケミチにも手を出すなと忠告した通り、マイキーがおままごとではない世界へ足を突っ込んでいると分かります。

しかしドラケン自身がマイキーを見捨てたとは、ハッキリと口にしていません。

決別したと語っていますが、ドラケンから繋がりを断ち切ったわけではないのでしょう。

周りを見て冷静に物事を判断するドラケンは、マイキーの意志を尊重してみんなの幸せを守る選択をしているとだと考えます。

ずっとマイキーの傍にいたドラケンの本心は、見捨てていないのではないでしょうか?

黒龍VS六波羅単代の抗争が起きる?

ドラケンをタケミチが仲間に引き入れるとすれば、寺野南(てらのサウス)から反感を買いそうです。

久しぶりに登場したイヌピーは、六波羅単代にボコられていたのか傷ついた顔をしていました。

十一代目「黒龍(ブラックドラゴン)」総長として、タケミチのほうが喧嘩を売られたと捉えてもおかしくありません。

タケミチが目を付けられるもしくはイヌピーの仕返しとして、黒龍VS六波羅単代の抗争へ発展する可能性は高いのではないでしょうか?

三天の勢力図に変化が起こる?

黒龍VS六波羅単代の抗争が発展すれば、明らかに三天の勢力図に変化が起きるでしょう。

六波羅単代をつぶせば、黒龍の旗揚げとしても十分です。

タケミチ率いる黒龍(ブラックドラゴン)が、三天の新たな勢力となるのではないでしょうか?

タケミチはマイキーを救うために、不良時代を駆け上がっていくと考えます。

東京卍リベンジャーズ211話ネタバレ最新話考察まとめ

今回は、漫画「東京卍リベンジャーズ」211話のネタバレ最新話を考察予想と共に紹介しました。

東京卍リベンジャーズ211話は、ドラケンが六波羅単代(ろくはらたんだい)の仲間入りを断ると予想。

寺野南に目をつけられているドラケンとイヌピーを助けるために、十一代目「黒龍(ブラックドラゴン)総長としてタケミチが仲間にする可能性も十分考えられます。

それをきっかけに黒龍VS六波羅単代の抗争が勃発すれば、旗揚げにもふさわしいでしょう。

勢力図が変化して、黒龍が新たな三天の一員となってもおかしくないと考えます。

以上、漫画「東京卍リベンジャーズ」211話のネタバレ最新話を考察予想と共にお届けしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


eighteen + thirteen =

目次
閉じる