MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
Amebaマンガで100冊半額キャンペーン今すぐ確認

東京卍リベンジャーズ212話ネタバレ最新話確定と考察!瓦城千咒が登場!花垣武道はブラフマンがスカウト

2021年6月30日(水)に発売の週刊少年マガジン31号に掲載される漫画「東京卍リベンジャーズ」212話のネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回のおさらい
  • 規格外のフォルテシモ(最強)な寺野南(てらのサウス)
  • 寺野南の下につくか、死ぬかの二択を迫られるドラケン
  • タケミチに迫る寺野南
  • 明司武臣が登場!
  • 梵(ブラフマン)と六波羅単代が集結

前回の内容を忘れてしまった人は、下記より詳細をご覧ください。

開催中のキャンペーン情報まとめ
  1. Amebaマンガ100冊半額クーポン
  2. コミック.jp1,350円無料
  3. まんが王国初回最大60%還元
  4. ebookjapan最大3,000円引き

\ 登録1クリック /

\ 即マンガ無料 /

ほかキャンペーン情報

目次
メスネコ淫戯

東京卍リベンジャーズ212話ネタバレ最新話あらすじを紹介!

さっそく、漫画「東京卍リベンジャーズ」212話のネタバレ最新確定情報を入手次第、記事を更新します。

花垣武道をスカウトする梵(ブラフマン)の明司武臣

東京三大勢力”三天”のうち、六波羅単代と梵の2つが集まり緊張感が高まります。

神が見ているかのように、雨が突然降りだします。

明司武臣が、何をしに来たのか問いかける寺野南。

雨をみた明司武臣は、真一郎から昔、日本一の雨男を言われていたことを思い出しながら、花垣武道をスカウトしに来たと告げました。

六波羅単代で主席の鶴蝶(カクチョー)登場

突然の宣告にドラケンも眉はひそめますが、当のタケミチは何故スカウトされるのか全く覚えがないまま狼狽えて驚きをかくせません。

タケミチのスカウトを聞きつけて、そういう話なら譲らないと前に出てきたのは、六波羅単代で主席をしている鶴蝶(カクチョー)でした。

喧嘩屋の異名をもつ鶴蝶を知っている明司武臣。

なぜ寺野南の下についているのか納得のできない明司は、王が死んだから鞍替えしたのかと煽りました。

鶴蝶は、佐野真一郎を忘れたのかと明司を煽り返します。

六波羅単代の所属は元天竺”最悪の世代”

不穏な空気を察して、暴れたりないのは一緒だと顔を出したのは、六波羅単代の第肆席にいる望月莞爾(もちづきかんじ)。

かつて、九代目黒龍(ブラックドラゴン)総長だった斑目獅音(まだらめしおん)も登場します。

いまでは、六波羅単代の第伍席に所属している斑目獅音。

続いて六波羅単代に所属している灰谷兄弟まで登場し、元天竺で最悪の世代と呼ばれたメンツが勢ぞろいしました。

瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)の登場

六波羅単代がやばい組織だと気付いたタケミチは、大戦争が勃発するのではないかと冷や汗を流します。

しかし強者が勢ぞろいしたのを見ても、明司武臣は顔色ひとつ変えません。

血の気が多い連中だと言いながら、タバコを吸って余裕の表情で瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)の名前を呼びました。

瓦城千咒の傘と強烈な蹴り

遠くから勢いをつけて走ってきた瓦城千咒は、持っていた傘を寺野南へ一直線に投げつけます。

手で傘を払いのけた寺野南は、その隙をつかれて脳天から瓦城千咒の強烈な蹴りを食らいました。

寺野南がヨロけると、華麗に着地した瓦城千咒。

殺る気満々で場の空気が一気に上昇したところで、漫画「東京卍リベンジャーズ」212話は次回へ続きます。

東京卍リベンジャーズの212話を無料で先読みする方法

いまAmebaマンガ では、無料会員登録特典に爆弾キャンペーンを実施中!

なんと初回限定で、お好きな漫画100冊まで使える最大半額クーポンがついてきます!

このクーポンを使えば、長期連載されている人気漫画もほとんど全巻半額で購入OK!

knight

本誌も対象になるから最新展開まで一気に読めて超~激安っ!

さらにLINE登録をすると、全品10%OFFクーポンが毎週もらえる特典までついてくるから驚きですよね!

ほかにも初購入者or半年以上未購入者を対象に、月額プランの基本コインが全額返還(翌月継続時)されるサービスも開催中!

このサービスを利用すれば実質ゼロ円になるため、利用しないほうが損です!

とはいえ、このキャンペーンはいつまで開催されているか分かりません…。

ぜひAmebaマンガの初回特典を賢く利用して、お得に楽しんでください!

\ まずはクーポンだけもらう /

東京卍リベンジャーズ212話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう(^▽^)/

寺野南(てらのサウス)がドラケンを勧誘した理由

これ以上不良の抗争に関わる気はないと、六波羅単代への入隊を断っていたドラケン。

寺野南がドラケンを勧誘していた理由は、大きな抗争に備えるためなのではないかと予感させます。

三天は三つ巴の均衡状態を保っていますが、どのチームの頭も頂点を取りたいと考えているでしょう。

寺野南は一つ頭を抜くために最強と謳われた東京卍會で副総長をしていたドラケンに目を付けていると考えます。

ドラケンが抗争の火種?

東京卍會の副総長として活躍していたドラケンの強さは、不良の中でも有名です。

ドラケンを仲間に入れたいと考えているのは、六波羅単代だけではないでしょう。

現に梵のメンバーは、ドラケンを勧誘する寺野南の前に現れています。

もしかしたらドラケンをめぐって、抗争に発展するかもしれませんね。

東京卍會の元メンバーを勧誘したものが三天時代を制す?

三つ巴で膠着状態になっていると考えられる三天ですが、頭一つ抜けるためには強いメンバーが必要だと考えます。

東京卍會のメンバーだった人物は、喧嘩が強い奴ばかりです。

ドラケンだけではなくタケミチにイヌピーなど、かつての東京卍會のメンバーを三天が引き入れようとしていてもおかしくありません。

東京卍會の元メンバーを勧誘したものが、三天時代を制すのではないでしょうか?

マイキーが元東京卍會メンバーを守っている?

ドラケンは10年後の現代でバイクショップを運営し、カタギを続けていました。

ということは、タケミチの介入なしに六波羅単代の勧誘を断れたということでしょう。

もしかしたら、マイキーがドラケンのカタギを守るために動いてくれていたのではないでしょうか?

強い奴らが集まっていた東京卍會は、解散後にほかの勢力から勧誘されるといった危険があったかもしれません。

”みんなを守る”と約束したマイキーが庇っていた結果、三天をまとめ上げて頂点に君臨するようになったとも考えられます。

だからこそ10年後の現代ではマイキー以外のメンバーが、幸せを掴めていたのかもしれませんね。

六波羅単代と梵の睨み合い抗争がはじまる?

明司武臣が梵のメンバーをぞろぞろと引き連れて現れたことにより、大戦争でも起こしかねない規模で不良が集結しました。

道路を占拠するほど不良が集まって、ただ解散するとは考えにくいですね。

このまま六波羅単代と梵は抗争を始めてしまうのか、緊張が高まります。

間に挟まれたタケミチやドラケンの反応によって、梵や六波羅単代が引き下がるのか決まりそうです。

なるべく争いを避けたいタケミチなので、打開策をみいだしてほしいと願います。

東京卍リベンジャーズ212話ネタバレ最新話考察まとめ

今回は、漫画「東京卍リベンジャーズ」212話のネタバレ最新話を考察予想と共に紹介しました。

東京卍リベンジャーズ212話は、六波羅単代と梵が睨み合い抗争に発展すると予想。

抗争の分け目は、ドラケンやタケミチの反応にゆだねられそうです。

ドラケンを勧誘したいのは、六波羅単代だけではないのでしょう。

元東京卍會メンバーの勧誘が抗争の火種になるのではないかと、緊張が走りますね。

以上、漫画「東京卍リベンジャーズ」212話のネタバレ最新話を考察予想と共にお届けしました!

Conect

コメント

コメントする

CAPTCHA


4 × 3 =

目次
閉じる