MENU
カテゴリー
電子書籍サービスおすすめ
Amebaマンガで100冊半額キャンペーン今すぐ確認

東京卍リベンジャーズ213話ネタバレ最新話確定と考察!初代黒龍(ブラックドラゴン)創設メンバーが集結!率いるのは無比の瓦城千咒

2021年7月7日(水)に発売の週刊少年マガジン32号に掲載される漫画「東京卍リベンジャーズ」213話のネタバレ最新確定情報を考察予想と共にお届します!

前回のおさらい
  • 花垣武道をスカウトする梵(ブラフマン)の明司武臣
  • 六波羅単代で主席の鶴蝶(カクチョー)登場
  • 六波羅単代の所属は元天竺”最悪の世代”
  • 瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)の登場
  • 瓦城千咒の傘と強烈な蹴り

前回の内容を忘れてしまった人は、下記より詳細をご覧ください。

開催中のキャンペーン情報まとめ
  1. Amebaマンガ100冊半額クーポン
  2. コミック.jp1,350円無料
  3. まんが王国初回最大60%還元
  4. ebookjapan最大3,000円引き

\ 登録1クリック /

\ 即マンガ無料 /

ほかキャンペーン情報

目次
メスネコ淫戯

東京卍リベンジャーズ213話ネタバレ最新話あらすじを紹介!

さっそく、漫画「東京卍リベンジャーズ」213話のネタバレ最新確定情報を入手しましたので、記事を更新します。

グラツィオーソな瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)

突如現れた三天トップの瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)を見たタケミチは、こんなに小さいのに首領をやっているのかと疑問を浮かべます。

瓦城千咒の蹴りを食らった寺野南(てらのサウス)は、グラツィオーソと評価して、クラっときています。

ボスの寺野サウスが蹴られて黙っていられなかったのは、九代目黒龍(ブラックドラゴン)総長の班目四怨(まだらめしおん)。

でしゃばるなと、勢いよくしゃしゃり出ます。

梵大幹部で元黒龍の親衛隊隊長の荒師慶三(ベンケイ)が登場!

そんな班目四怨を勢いよく殴り飛ばしたのは、梵(ブラフマン)大幹部の荒師慶三(あらしけいぞう)です。

荒師慶三はもともと、黒龍で親衛隊隊長をしていた人物。

斑目のことをよく思っていないようで、黒龍のツラヨゴシと罵っていました。

鶴蝶(カクチョー)がベンケイ君を殴り飛ばす

なぜ斑目が黒龍のツラヨゴシになるのか、さっぱり理解できていないタケミチ。

荒師慶三のことを知っているイヌピーは、初代のベンケイ君だと教えてくれました。

ベンケイ君は、千咒に向かって花垣武道が目的であって喧嘩しに来たわけじゃないと怒っています。

なぜ梵(ブラフマン)がタケミチをスカウトするのか、困惑するなか、鶴蝶が助走をつけて突然殴りこみに来ました。

タケミチを譲らない鶴蝶(カクチョー)

さすが天竺で、ウデっぷしNo.1だっただけのことがあります。

勢いよく吹き飛ばされるベンケイ君を見て、梵(ブラフマン)に動揺が広がります。

タケミチが不良の世界に戻ってくるなら、六波羅単代(ろくはらたんだい)だと譲らないカクチョー。

明司は、層の厚い六波羅に感心した様子でタバコをふかします。

梵大幹部で元黒龍特攻隊隊長の今牛若狭(いまうしわかさ)が登場!

そんな鶴蝶の背後に気配を断って静かに現れたのは、梵天大幹部で元黒龍(ブラックドラゴン)特攻隊隊長をしていた今牛若狭(いまうしわかさ)です。

殺る気だったら、今ごろ立ってることすら敵わなかったと話す若。

次から次へとバケモノが勢ぞろいするので、タケミチは白目をむいています。

初代黒龍(ブラックドラゴン)創設メンバー集結!率いるのは無比の瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)

初代黒龍の最強コンビ「ワカとベンケイ」と呼ばれた二人は、もはや生きる伝説です。

そして初代黒龍副総長の軍神と呼ばれた明司武臣がいることにより、初代黒龍(ブラックドラゴン)創設メンバー集結している梵。

佐野真一郎が率いた初代黒龍を日本一のチームに導いた男たちですが、今は謎の男”無比”の瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)の下についています。

ドラケンがヒートアップ

バケモノばかりが登場して場がヒートアップする中、ドラケンが声を荒げます。

とりあえず、ドラケンのスカウトに話を戻すと、寺野サウスに喧嘩を売るドラケン。

久しぶりにエンジンがあったまってきたトコだぁと、血のハロウィンで半間を殴り飛ばした時のような表情を浮かべます。

大乱闘が始まりそうな予感が高まったところで、次回の展開へ続きます。

東京卍リベンジャーズの213話を無料で先読みする方法

いまAmebaマンガ では、無料会員登録特典に爆弾キャンペーンを実施中!

なんと初回限定で、お好きな漫画100冊まで使える最大半額クーポンがついてきます!

このクーポンを使えば、長期連載されている人気漫画もほとんど全巻半額で購入OK!

knight

本誌も対象になるから最新展開まで一気に読めて超~激安っ!

さらにLINE登録をすると、全品10%OFFクーポンが毎週もらえる特典までついてくるから驚きですよね!

ほかにも初購入者or半年以上未購入者を対象に、月額プランの基本コインが全額返還(翌月継続時)されるサービスも開催中!

このサービスを利用すれば実質ゼロ円になるため、利用しないほうが損です!

とはいえ、このキャンペーンはいつまで開催されているか分かりません…。

ぜひAmebaマンガの初回特典を賢く利用して、お得に楽しんでください!

\ まずはクーポンだけもらう /

東京卍リベンジャーズ213話ネタバレ最新話考察予想

さっそく、次はどんな展開になるのか、詳しく考察していきましょう。

瓦城千咒はマイキーと兄弟でタケミチの味方?

瓦城千咒は登場時、寺野南の脳天に強烈な蹴りをお見舞いしています。

蹴りといえば、同じくマイキーも得意としている技です。

さらに瓦城千咒の髪型は、マイキーやイザナを思わせるようなスタイル。

美形な顔立ちと少し小さい体の大きさから言って、マイキーの弟ではないでしょうか?

マイキーの身内であるなら、救おうとしているタケミチに手を貸す理由は十分です。

瓦城千咒はタケミチの味方になるのではないかと、考えます。

真一郎の意志を継ぐ明司武臣がタケミチに味方する?

タケミチをスカウトしに来た梵(ブラフマン)の明司武臣は、初代黒龍(ブラックドラゴン)の副総長です。

つまり明司武臣は、真一郎の意志を継いだ存在と考えられます。

鶴蝶が佐野真一郎を忘れたかと煽った際、明らかに余裕の表情が崩れた明司武臣。

今でもその想いが変わらないからこそ、11代目黒龍(ブラックドラゴン)総長のタケミチを引き入れようとしているのではないでしょうか?

真一郎の意志を継いでいるとすれば、明司武臣もマイキーを救いたいと考えているはず。

タケミチの味方になってくれる可能性は、十分あると考えます。

六波羅単代VS梵(ブラフマン)

タケミチがブラフマンにスカウトされると分かり、六波羅単代の鶴蝶が前に出てきました。

鶴蝶が出たことにより元天竺メンバーも勢ぞろいし、梵とにらみ合っています。

さらに六波羅の総長をしている寺野南が瓦城千咒に一撃をくらわされて、黙っていられるはずがないでしょう。

六波羅単代VS梵(ブラフマン)の大きな抗争へと発展しそうです。

タケミチがブラフマンと手を組む?

マイキーを助けたいと考えているタケミチですが、現状は圧倒的に戦力不足です。

仲間集めを考えているものの、元東卍メンバーは堅気になっているので巻き込めません。

黒龍(ブラックドラゴン)の繋がりもありますし、このままタケミチは明司武臣のスカウトを受けて梵(ブラフマン)と手を組むのではないかと考えます。

ドラケンが六波羅単代に入る?

タケミチがブラフマンと手を組むことになれば、ドラケンが黙っていないでしょう。

ドラケンはタケミチを巻き込まないために10年後の現代でも、マイキーに関わらないよう気を遣っていました。

今回もマイキーに手を出すなと言っていたことから、タケミチを止めると考えられます。

そのために六波羅に加入して、タケミチと対立するのではないでしょうか?

東京卍リベンジャーズ213話ネタバレ最新話考察まとめ

今回は、漫画「東京卍リベンジャーズ」213話のネタバレ最新話を考察予想と共に紹介しました。

東京卍リベンジャーズ213話は、明司と千咒はタケミチの味方になると予想!

明司と千咒はマイキーに深く関係する人物で、タケミチはブラフマンと手を組むのではないかと考えました。

六波羅単代VS梵(ブラフマン)の抗争は、起きる可能性が高いでしょう。

物語の展開がヒートアップしてきたので、次回が待ち遠しいですね!

以上、漫画「東京卍リベンジャーズ」213話のネタバレ最新話を考察予想と共にお届けしました!

Conect

コメント

コメントする

CAPTCHA


two × three =

目次
閉じる